Mapper ウィスラー カナダ 観光情報

【夏のウィスラー旅行】世界最高峰のゲレンデリゾートの夏の風景

みなさんこんにちは、Minamiです。

今回は前回に引き続きウィスラーの紹介です!詳細は前回記事あるのでそちらをご覧ください。

こちらもCHECK

【夏のウィスラー旅行】バンクーバーからレンタカーで日帰り

続きを見る

今回は写真をいっぱい載せていきます(^ ^) ウィンタースポーツやらない人でも存分に楽しめるのでぜひ行ってもらいたいです。

バンクーバーからも近いしね!

 

 

麓の街はリゾート感満載!

ウィスラーのふもとの様子。レンガ調の通路に温かい雰囲気の風景。

テーマパークに来たかのような可愛らしさがあります。レストランもショップもたくさんあるのでここで丸と1日過ごすこともできます。

 

そして街を進んで行くとホテル(至る所にあるけど)がたくさん!

この日の大広場ではBMXの大会が行われていました。初めてみたけど、結構な迫力です(°▽°) 近くに専用の公園もあるので実際にやってみることも可能です。

 

いざロープウェイに乗って、ブッコラム山へ!

チケットを買ってすぐ隣に乗り場があります。

かなり人が並んでいますが、すぐに来るので意外とスムーズに乗れます。6〜8人くらいで乗り合わせて行きます。

 

ロープウェイからの景色。15〜20分くらい揺られます。

ぐんぐん登って行くし、景色もとても綺麗なのであっという間に到着。しかもモーターバイクやBMXをやっている人たちが下を走っていたりして結構楽しいです(^ ^)

 

ロープウェイからリフトに乗り換え!スリルも迫力も満点。

そこからリフトに乗り換えます。これ冬場なら下が雪だし地面との距離も近く感じると思うんですけど、夏場は雪も溶けて本当に岩肌が目の前にあってちょっと怖いです。

大自然を満喫できることはもちろんですが、「こんな斜面を駆け下りるってオリンピックレベル凄過ぎ!」って気持ちの方が私は大きかったです。

本当にすごいなぁ。

 

カモシカ?みたいな動物や草木も生えていて、こんなところでも生活していける野生動物や植物の生命力を感じました。

 

 

上まで到着するとダウンタウンにもあるシンボルマークが。

神聖な場所なのか、至る所に石が積み上げられていました。

ここからハイキングコースや、ウィスラー山に行く「PEAK 2 PEAKゴンドラ」にも乗ることができます。

ホテルもあるし、レストランなんかもあります。

 

ただ私が行った時は強風で寒過ぎて外に出るのも億劫。強風が故にハイキングコースもゴンドラも中止でした。

でもお土産店もあるし、結構中の施設も充実していて楽しかったです。(帰りのリフト思うとお土産持って乗るの嫌だったから買い物できなかった)

下山許可が出てからサイドリフトに乗りました。帰りの方がちょっと怖いかも。

左端に湖も見えてすごく綺麗!それよりこの斜面を雪が覆って滑り降りる人たちがいっぱいいるってすごいわ。

私一生ウィンタースポーツできなさそう。笑

 

最後に、服装の注意点。

ウィスラーを舐めきっていた私は普通の格好で行っちゃいましたが、夏でも完全防寒で行きましょう!

ユニクロのウルトラライトダウンを1枚持って行けばとりあえず大丈夫。足元はスニーカーで歩きやすいものを。

ハイキングもしたいなら服も動きやすいものを選びましょう!本当に寒かった〜( ;∀;)

 

無事に下山して、オリンピックマークと写真。

ちなみにブッコラムのリフト乗り場すぐ近くにはバンクーバー五輪で使われた実際の表彰台と五輪マークもあります。そっちでも絶対写真撮った方がいいよ!

 

以上、私のウィスラー記録でした。

最後にプチ情報。ウィスラーとバンクーバーの間に「ポートー・コーブ州立公園」と言う公園があります。ここにぜひ寄って欲しい!

ウィスラー旅行は悪天候でしたが、ここでは雲ひとつなく晴れていて星がとにかく綺麗でした。

この公園周辺は真っ暗でとても綺麗な星を見ることができました。しかもそれに気づいてから、ここに星を観に3回は行きました。笑 

そのくらい天の川も綺麗に見えるし、流れ星がたくさん流れているのもみることができます。星の光が写真に残せなくて残念ですが、ぜひ帰り道に寄り道して観てね! 

Googleローカルガイドアカウント:M’s Featureで、オススメの場所やお店のレビューをしています。ぜひフォローもお願します(^ ^) リストアップもしているのでそちらも是非活用して役立てて頂けると幸いです!

 

それではまた、Ciao!

 

にほんブログ村

-Mapper, ウィスラー, カナダ, 観光情報
-

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5