Mapper

スティーブストン|港町で人気のフィッシュ&チップスを食べに小旅行

ハロハロ、Minamiです。

 

今回はリッチモンドの南端に位置する

”Steveston(スティーブストン)”をフィーチャー!

シャチとクジラのクルーズウォッチングでも有名な場所ですが、

新鮮なバンクーバーの海鮮が揚がる港町でもあります。

お店の人はもちろん、一般にも販売しているのが特徴。

バンクーバー在住の人はお祝いの日やイベントの日に

結構スティーブストンまで足を運んで食材を買いに行くことも多いです。

漁に出た日は生のオイスターやホタテ、エビなどをその場で剥いてくれます。

年中空いていますが、行くならやっぱり夏がオススメ!

 

車があればその方が便利ですが、バスでも十分行けます。

ポイントを押さえてサクッと回りましょう!(^^)!

 

スティーブストンの歴史

スティーブストンは昔、鮭の缶詰加工で栄えた場所です。

出稼ぎ労働で日本人や中国人、ヨーロッパからも人が来ていたそうで、

現在も日本人コミュニティがあります。

リッチモンドは比較的中国人が多く住むエリアですが、

日本人も多かったなんて私も今知りました。(*_*)

 

そんなスティーブストンは今でもその趣が残っていて、古風でかわいらしい街です。

当時最大規模だった缶詰工場の

”ジョージア湾缶詰工場(Gulf of Georgia Cannery)”

現在博物館になっていて、たくさんの写真やお土産などがありました。

(知らずに見てたけどこんなすごい場所だったなんて!)

 

中には先住民のインディアン調のサーモンの木彫りが多く飾られていました!

最近ではドラマや映画の撮影地でも多く使われています。

『ワンス・アポン・ア・タイム』(2011年-2017では舞台となる海辺の町「ストーリーブルック」の主要なロケ地のひとつとなった。『X-ファイル』シーズン1のエピソード「性を曲げるもの」「奇跡の人」(1994年放送)がここで撮影されたほか、テレビドラマでは『暗黒の戦士 ハイランダー』『スターゲイト SG-1』『スライダーズ』『スーパーナチュラル』の撮影に用いられた。映画では『最終絶叫計画』(2000年)、『きみがくれた未来』(2010年)、『GODZILLA ゴジラ』(2014年)、『パワーレンジャー』(2017年)などがある。

 

出典:Wikipedia

 

マストで食べてほしいフィッシュ&チップスのお店

バンクーバー国際空港のフードコートにも入っているこのお店。

実は本店はスティーブストンにあります。

ここのフィッシュ&チップスが最高においしいと沢山の人が訪れます。

また、お店の最大の特徴がサーモンのフィッシュアンドチップスがあること!

通常の中身は白身魚ですが、この海でとれた新鮮なサーモンを使っているのがポイント。

テイクアウトが基本でお店の前のデッキで食べたり、公園で食べたりできます。

黄色いパラソルが目印ですが、よく行列ができているのでわかりやすいと思います。

ただ、小さな店舗なので見逃さないように!

(写真見づらくてごめんなさい!右の黄色いパラソルのあるところがお店。左側は橋を渡ってテラス席になっています。)

 

肝心の味は外はサクサクで中は白身魚がふわふわ(*‘∀‘)おいしいです~~!

こちらはタルタルにどっぷりつけて食べるのが個人的には好み。

サーモンは他では食べられないので新しい発見でおいしかったです。

白身魚ほどふわふわしていないし、しっかりした身がサーモンフライに近い気がしました!

ぜひ両方お試しあれ~(^^)

Pajo’s Fish and Chips
(パジョズ・フィッシュアンドチップス)

場 所 :12351 Third Ave, Richmond, BC V7E 2Z1 カナダ

時 間 :月~日 11:00-19:00

定休日 :無し

電話番号:+16042721588

公式HP :http://www.pajos.com/

 

4~10月がベストシーズン!
シャチ・ホエールウォッチング

バンクーバー周辺の海域には沢山の海洋生物が生息していますが

特に4月~10月の水温が上昇するシーズンには沢山の海洋生物に出会うことができます。

オットセイやアザラシなんかはイングリッシュベイビーチでもかなりよく見かけました。

そんな海ではクジラたちにも会えて、なんとその確率は95%!!高確率!

 

ダウンタウンのカナダプレイスからもホエールウォッチングのツアーは出ていますが

スティーブストンの方が海に出やすいので高確率でいろいろな生物に会えると思います。

運が良ければ港からも見ることができるかも!

 

ダウンタウンからスティーブストンへの行き方

ダウンタウンからのアクセスはとても簡単!

ウォーターフロント駅から約1時間ちょっとで行くことができます。

  1. スカイトレインのCanada Lineで最終の”リッチモンド=ブリッグハウス駅”で降ります。
  2. 駅にあるバスターミナルの”Bay3”から407番のバスに乗車
  3. ”Westbound Chatham St @ 2nd Ave”で降車
  4. スティーブストンの目の前に到着!

バスの本数もそれなりに出ているので、簡単に行けました!

帰りも逆をたどれば簡単に帰ることができます。

スティーブストン自体、そこまで大きくないのでランチの時間に合わせて向かい

フィッシュアンドチップスを食べて、散策して、ホーエールウォッチングして

バンクーバーに戻れば、18時ごろには解散できると思います。

小旅行感覚(*´▽`*)♪

 

スティーブストン まとめ

今回紹介した”Pajo’s Fish and Chips”はもちろんですが

ほかにもジェラート屋さんやかわいい雑貨屋さん、博物館(無料です)などなど

お店もこじんまりとしながら一体に集中してあるのでとても観光しやすいです。

私が行った日は明け方までずっと雨が降っていたため、かなり水が濁ていましたが

普段はキレイな海面が見れるようなので

よく晴れた日が続いた日に行ってみるとよりキレイな写真が撮れていいと思います(^^)

屋根がカラフルだったり、華やかな花壇があったりと、撮り方を工夫すれば

写真映えもするのでオススメです!

バンクーバーもまだまだコロナが続いて大変ですが、

感染防止に気を付けながら夏を楽しんでもらえるといいなと思います!

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が役に立った! と思ったら、ぜひいいね”シェア”お願いします 😀

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

ランキングに参加しています。ポチっとしてくれると嬉しいです。😊

ABOUT ME
Minami Naka
名香南美【ライター/マッパー(トラベラー)】 カナダ・バンクーバーワーホリ経験者。 2018年に帰国後、Googleマイビジネスを使って お洒落なお店や素敵な場所を開拓中。 旅行先での出来事やオススメ情報を面白おかしく書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)