バンクーバー

周りと差がつく、カナダでオススメの貰って嬉しい【お土産3選】

 

お土産って買うのも楽しいし貰っても嬉しいよね~( *´艸`)

こんにちは、Minamiです 🙂

 

突然ですが、カナダのお土産といえば何を思い浮かべますか?

カナダといえばメープルが有名なのでメープルシロップやクッキーが王道ですよね~(^^♪

ですが!それ以外にも実はお土産として人気のアイテムがいくつかあります。

と、いう訳で今回は実際に私があげてみて喜んでくれた人が多かったり、リピートを依頼されたものをフィーチャー!

他とは違った観点からのアイテム選びで、周りとのお土産に差をつけてみましょ( *´艸`)

(初めましての方はブログ訪問ありがとうございます!カナダ・バンクーバーに2年間留学・ワーホリをしていた経験からオススメのお土産を紹介します 🙂 )

 

 

 

第1位:デンタルケアの王道歯磨き粉!

いきなり一番から発表するんかーい!という感じですが、それくらい「歯磨き粉」はお土産でプレゼントして喜ばれたアイテムです。

自分にも大量にまとめ買いしました。笑

お土産をあげる側からしても安いし、もらう側からも使えるし、しかも「日本の歯磨き粉よりもかなり効果が高い」と言うとみんな喜んで使ってくれました。

一時帰国の時に買って、気に入った人は本帰国の時にリピートのお願いまでされるほど。

あげる側としてもそんなに気に入ってくれると嬉しくなる~(*‘∀‘)

 

歯磨き粉の効果が全然違うことが人気の秘密!

何が日本の歯磨き粉と大きく違うのかというと、フッ素が入っている量が圧倒的に多いことです。

フッ素は虫歯予防にとても効果的な成分ですが、日本は薬事法でフッ素の混入率が1500ppmまでと定められています。

なのでどんなに虫歯予防をうたっている歯磨き粉でも日本製品は1495~1499ppm位のもがほとんどで、通常の安い歯磨き粉はもっとフッ素が入っていません

ちなみに...この数字は海外では子供用歯磨き粉の数値です。(*_*)

これ聞いた時は衝撃だった…

 

ところがカナダは歯科医療が高いためセルフケアが当たり前の国

だからデンタルアイテムはとても強力です。

子供用の歯磨き粉がフッ素量1500ppm以下くらいで、大人用の通常の歯磨き粉は1500ppm以上ないと意味がないくらいなので、どれを買ってもかなり虫歯予防ができるようになっています。

特にカナダはハリウッド俳優たちも歯医者に多く通うほど歯科審美技術も進んでいるためホワイトニングアイテムも充実

ホームホワイトニングのキットも薬局で普通に買えます。

もちろんホワイトニング効果のある歯磨き粉もたくさんあります。しかもフッ素量も当たり前に高い!

 

日本人はよく「口臭が臭い」と外国人から言われることがあるそうですが、これは虫歯が多いことはもちろんデンタルケアが劣っているからだそう。

本当にカナダのドラックストアにはたくさんのデンタル用品があるので、ぜひワーホリや留学中の人はお気に入りのアイテムを見つけてみてください。

 

大好きな歯磨き粉「Colgate(コルゲート)」が超オススメ!

よく見かけるこのロゴ。歯磨き粉大手メーカーの「Colgate(コルゲート)です。

アメリカの会社なので、正直北米全土で買えてしまいますが...それでもカナダで購入するとカナダのロゴが入っています

英語とフランス語が公用語なので、両方の印字がしてあるのもカナダ土産の証拠

 

そんなコルゲートはかなりのラインナップがあり、どれがいいか迷ってしまうほど。そんな中でも実際に使用してみてよかった3つを紹介!

 

Optic White® Renewal

お土産として一番人気&私もお気に入りだったのが「Optic White® Renewal」という真っ赤なパッケージのホワイトニング効果が高い歯磨き粉

ホームページで確認したところ、リニューアルしたようでさらにホワイトニング効果がアップしたようです。

日本の歯磨き粉よりも味が独特ですが、すぐに慣れます(-ω-)/

 

Total Deep Clean

一番王道はトータルケアの白いパッケージ。「Total Deep Clean」と書いてあるのが目印です。

写真もトータルケアシリーズの商品です(^^♪

実際は箱に入って売っています。

(パッケージデザインが変わったのか、シルバーの箱に入っている時もあります。)

 

Sensitive Prevent & Repair

歯が染みやすい人にオススメなのが「Sensitive Prevent & Repair」と書いてある紫色のパッケージの商品。

味は他の商品に比べると少ししょっぱい気がします。

 

手ごろな値段も魅力!

どれも薬局やスーパーに置いてあるのでセールを狙えば容量にもよりますがCA$4.00~CA$7.00くらいで買えます。

170mlが一番大きいサイズなのですが、このサイズがセールで一番安かったりします。

ちなみにこのサイズ、日本の歯磨き粉の倍くらいあるのでコスパも効果も抜群です。

荷物に余裕がある人はぜひ特大サイズで買ってみてください!(^^)!

 

 

第2位:クラマトジュース!バンクーバーの味、シーザーを日本でも楽しむ

バンクーバーの飲み物といえば、そう!シーザーです!(*'▽')

 

ウォッカ+クラマトジュース+タバスコを入れたお酒ですが、味の決め手は牡蠣エキスの入ったこの「クラマトジュース」

日本でもクラマトジュースは買うことができますが、個人で購入するのはちょっと難しいのであまり入手しやすい物ではありません。

だからこそ小さな缶でお土産として買うのがオススメ!

 

実はこのクラマトジュース、結構使用用途があります。

  1. そのまま飲んでもおいしい
  2. 冷製パスタを作るも良し!
  3. ゼラチンを入れてジュレソースにする(料理が一気に華やかに!)
  4. 煮込み料理に使う
  5. ビールと割って、なんちゃってシーザーを楽しむ

もちろんシーザーを作ってバンクーバーの味をふるまうのも素敵です。( *´艸`)

特にビールと割ってなんちゃってシーザーを作るのはかなり簡単で美味しいのでオススメ!

 

5.5オンス(163ml)が6缶セット売りになっています。

このサイズだとアルミではなくスチール缶なので、スーツケースの空いているスペースにバラバラに入れられるので持ち帰りやすいと思います。

貰った方も350ml缶より持ち帰りやすくて助かる( *´艸`)

 

 

第3位:ANGIE'Sブーチンチカポップ スウィート&ソルティ ケトルコーン

これ本当においしい!

留学・ワーホリ中かなり食べました。

何袋開けたんでしょうか...。家に常にストックを置いていたような気もします。笑

この「ブーチンカポップ」は何種類か味があるのですが、紫色のパッケージがダントツでおいしいです。

甘じょっぱくて、塩味とも違う、キャラメルでもない絶妙な甘さが後を引くおいしさ(^^♪

映画館のポップコーンも全部この味にしてほしいくらい。

 

家にも一袋買っていったのですが、止まらないおいしさで2日くらいでなくなりました。(かなり大袋です)

 

日本ではコストコでも見つけられない、私の中では幻のポップコーンとなっております。

ネットでも探したのですが、品切れになっていたりして中々買えなさそうでした。

ちなみにバンクーバーではスーパーや薬局でも買うことができるポピュラーな商品です。

大袋でCA$5.00くらいだったと思います。

ポップコーンで軽いので、荷物にスペースがある人にオススメです。

 

 

まとめ:周りと差が付くオススメのカナダ土産

いかがでしたか?( *´艸`)

通常思い浮かべるお土産とは全く違ったのではないでしょうか?

ま、全部カナダじゃなくて北米圏(アメリカ)でも買えるのでカナダのお土産とは言いづらいかもしれませんが、個人的にはかなりオススメです!

 

王道のメープル関連のお菓子やアイテムももちろん嬉しいですが、ちょっと変わり種のお土産で印象付けたい場合はぜひこの3つを選んでみてください!

滞在中は色々なお菓子や日用品を使えると思うので、自分のお気に入りを見つけてお土産にするのもいいですね(^^♪

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

 

 

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

Google Map
ブランディング
コンサル

お店の魅力を世界中に無料でアピール! マイビジネスの活用相談受付はこちら

お問い合わせ


それではまた、Ciao! 😉
Minami

 

 

Sponsor Link

-バンクーバー
-

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5