Googleローカルガイド

【Googleローカルガイド】をやるメリットとデメリット

 

ローカルガイドって特典が付かないのにメリットってあるの?

こんにちは、Minamiです 🙂

 

ローカルガイドを初めて約1年。

Googleからの特典は何もないものの、実際にやってみて感じるローカルガイドのメリットデメリットをシェアします(^^♪

ただの自己満といってしまえばそれまでですが、繋がりが出来たり、知人が私の口コミを見つけてくれたりして結構楽しんで活動しています。

通常のSNSと同様の楽しみ方が出来るので、SNSへの投稿が好きな人は特に向いていると思います。

 

とはいえ具体的に何がメリットでデメリットなのか知っておくと使用用途を決めてローカルガイドを上手に使う事が出来るので、参考にして使ってもらえると嬉しいです!(^^)!

 

 

 

 

ローカルガイドになると何が出来るのか?

そもそも、ローカルガイドになると何が出来るのか分からないとメリットもデメリットも分らないと思います。

簡単に説明すると、ローカルガイドになると行った場所の評価をしたり、口コミや写真・動画の投稿が出来るようになります。

また、ローカルガイド同士と繋がってコミュニティの場としても使用することができます。

 

ローカルガイドのアカウント作成方法はこちら!

【簡単&分かりやすい】Googleローカルガイドアカウント作成

続きを見る

 

 

Google ローカルガイドになるメリットとデメリット

ではローカルガイドになるとどんなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう(^^♪

ただし、グーグルが提唱しているものではなく、私自身がやってみて感じた部分なのでそこはご了承ください。

(ローカルガイドの視点から見たグーグルマップの使い方になるので、タイムラインや現在地情報など、グーグルマップのアカウントが使用できる用途とは異なります。ローカルガイドはGoogleアカウントを取得した後に更に取得が必要になります。)

 

Googleが提唱しているものはこちら!

こちらもCHECK

ローカルガイドの【ポイント】は何に関係する?貯めるメリットは?

続きを見る

 

 

メリット

場所の記録が出来る

ローカルガイドの機能の中でもかなりオススメなのが、フラグ機能です!

行きたい場所や、実際に行って良かった場所などをマークしておく事が出来る機能で、Googleマップにはあらかじめ3つのフラグが付いています。

  • ❤お気に入り
  • 🏳行ってみたい
  • スター付き

これ以外にも自分で好きな項目を作って場所を保存しておく事が出来ます。

「お気に入りのカフェ」「カレー屋さん」「お客さんのお店」などなど、自分の使用用途に合わせてフラグを立てておくことで、ローカルガイドのマイページからフラグごとにリスト化されて見ることができます

このフラグ機能では、フラグを立てた場所のメモを記入することができます。

いつ誰と行って、どんな風に良かったお店かなど個人的な書き込みができます。

クチコミは非公開にしていてもお店のページからは公開されてしまいますが、個人的なお店のメモはフラグを立ててメモしておくと便利だし、すぐに検索出来て便利です(^^♪

 

インフルエンサー(マッパー)的な役割が出来、地域活性化に役立つ

Googleマップへ投稿を続けていると、ローカルガイドとしてレベルアップします。

レベルに応じたバッジが表示されることにより、存在感と信頼度がアップして「このローカルガイドが行っているから行こう」とインフルエンサー的な役割を果たせるようになります(ここまで行くとマッパー要素あり!)。

その影響力が大きくなればなるほど地域貢献もできるようになります。

この点は他のSNSとは異なり、投稿そのものの人気ではなく、投稿の数で評価されてフォロワーが付きやすい点がローカルガイド独自の魅力だと思います。

 

ローカルガイドのレベルって何?

【ローカルガイドレベルの意味】マップでの存在感を放とう!

続きを見る

マッパー?Googleマップでインフルエンサーってどういうこと?

マッパーって何?具体的なローカルガイドとの違いはあるの?

続きを見る

 

世界中のローカルガイドと繋がることができる

ローカルガイドになると専用のコミュニティに入ることができるようになります。

世界中で使用されているGoogleだからこそできるコミュニティで、英語での交流を楽しむのもいいと思います!

ただし、翻訳機能があるとはいえ基本は英語です。

 

また、「コネクトライブ」といわれる世界中から選別されたローカルガイドの国際的なイベントに行くことが出来るのも大きなメリット!

このコネクトライブに行きたくてローカルガイドをやっている人も多いです。

ローカルガイドがレベル6以上であることに加え、英語力、発信力など参加資格があり、更にそこからの抽選となりますが、完全無料招待でGoogleの本社のカリフォルニアに行くことができます(^^♪

2020年と2021年はコロナウイルスの関係でイベントが中止になっていますが、次回までに英語力を上げて参加したいなと思います(^^♪

 

 

デメリット

現状、投稿したからと言って報酬はなし

残念ながら、2021年現在はGoogleからの報酬はありません。

過去にはポイントがクラウド使用の料金に変えられたりしたようですが、現在はオフィシャルを調べても下記のアンサーが出てきます。

「存在感をアピールできます」ローカルガイドになると、クチコミや写真、情報を Google マップに投稿するたびにポイントがたまります。
ポイントがアップすると、ローカルガイドのレベルが上がるだけでなく、Google の新機能への早期アクセスや、パートナーからの特別な特典などのメリットを受けられます。
また、レベル 4 になったら、Google マップに最初のローカルガイド バッジを表示でき、自分のクチコミに注目を集めて存在感をアピールできます。

出典:https://support.google.com/local-guides/answer/6281793

存在感のアピールが特典ですか…でも私はそれに乗ってマッパーとして活動していこうとしているので、同じような人にはメリットかもしれません。

とはいえ、ポータルサイト(ホットペッパーやぐるなび等)やショッピングサイト(楽天、アマゾンなど)も口コミを投稿したからといって会社から謝礼などがあるわけではなく、口コミを投稿したお店からクーポンやサービス特典がもらえるので、あまり会社から(Google)からローカルガイドへの直接的な特典はないかもしれません。

 

場所の特定がされやすい

他のSNSでもそうですが、チェックイン機能やリアルタイム機能などは現在地が特定されたり、アカウントの所有者の自宅がバレたりする可能性があります。

ローカルガイドも例外ではなく、Googleマップ上に行った場所を投稿するので、所在地の特定や住んでいる地域の特定がされます

そもそもローカルガイドを始めるにあたってベースの地域を選択する必要がありますが、

あまりに家の近所の場所やお店の投稿をリアルタイムでしてしまうと、家の特定などがされやすくなってしまったりするので、注意が必要です。

 

顔出しをしないようにする、アカウントを非公開にするなど対応しておくと安心して利用できます。

(投稿したお店からは口コミなど閲覧可能)

 

 

まとめ:ローカルガイドをするメリットとデメリット

メリット

  • 自分の行動記録、お店のメモとして使える
  • ローカルガイドとしてきちんと情報発信をすることで多くの人の役に立てる
  • 世界中のローカルガイド繋がれるコミュニティに入れる

デメリット

  • 現状の報酬はなし
  • 時差投稿をしないと場所を特定されやすい

 

余談ですが、具体的な特典はGoogleから無いにしろ、ローカルガイドの活動は趣味として単純に楽しいです。

なぜなら、Googleの最新のAI機能により投稿することが楽しくなる仕掛けがあるからです。

投稿した写真や口コミがの閲覧数や表示回数などを具体的に、しかものどのように人気なのかを教えてくれるのでモチベーションも上がりやすいです。

自分の投稿が多くの人の目に留まっていると思うと楽しくなります!

ポイントの有効期限はないので、SNSと同じように他の人の情報を見たり、趣味として使うのはとても良いと思います。

 

アカウントを非公開にしておけばかなりセキュリティ面でも他のSNSよりは強いと思うので、使用しやすいと思います。

ポイントやレベルを気にせず、気楽にGoogleマップを楽しんでもらえると嬉しいです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

 

 

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

Google Map
ブランディング
コンサル

お店の魅力を世界中に無料でアピール! マイビジネスの活用相談受付はこちら

お問い合わせ


それではまた、Ciao! 😉
Minami

 

0

Sponsor Link

-Googleローカルガイド

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5