Canada Working Holiday

【具体例付き】失敗しない目標設定でワーホリを成功に近づけよう!

皆さんこんにちは、Minamiです。

今回は「ワーホリの失敗しない目的の見つけ方と目標設定方法」についてお話していきます!

本当に目的や目標がないとワーホリは失敗するの?と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、この二つがなければ失敗する確率が高くなります( ;∀;)

そもそも目的や目標を持つ理由は、「どうしてワーホリに行ったんだっけ?」「ワーホリで何も得られなかった」という帰国後の後悔(失敗)を無くすためです。

前回はその目標設定の失敗原因についてお話しているので、よかったらそっちも見てね↓↓↓ 

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”fa-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”56″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

 

[toc]

 

目的を持つこと、目標設定の大切さ

でもどうしてフラッとワーホリに行っては行けないのか皆さんは考えたことがありますか?

 

答えは評価されないからです。厳しい(*_*)

 

普段の仕事でもぼーっと過ごしているだけの人は評価されないと思いますが、ワーホリは1年間という時間をどう過ごして、何を得たのかで帰国後が評価されます。その1年をせっかっくワーホリに行ったのにぼーっと過ごしていたら評価されないのは当たり前のことなんです。

だから、みんな口を酸っぱくして「なんでもいいから目的や目標を持って行こう」(達成して帰国後の自分の評価を上げよう)と言うんですね!ただこのカッコの中は言ってくれない( ;∀;)

さて前回の記事と合わせて、目的や目標の重要性は分かって頂けたと思うので、今回はその設定方法を説明していきます。

失敗原因が分かっているので、それを回避するように設定すればOK!具体的な例も載せているので難しく考えず、無理のない範囲で自分自身に当てはめてみてください(^^♪

 

目標設定の注意ポイント!

大切な目標設定。でもそのプロセスの前に注意点を先に言っておきます。

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

目的は明確な方がいいが、目標は現地で細かく選択していけるように複数プランを用意しよう!

[/st-mybox]

どういうことかというと、あまりにしっかりした目標を立ててしまうと崩れることの方が多いため、現地で臨機応変に目的に向かって行けるように何個か予備を用意しておこう!ということです。

特に「プランA」しか立てていないと失敗する可能性が高くなります。

なぜならそこまでしっかりした計画を立てたのに、実際にワーホリに行ってみたら環境の変化や語学の壁でメンタルがやられて計画通りに行かないことの方が多いからです。そうすると計画の練り直しができず、目的や目標が迷子になってしまいます。

そして結果的に「どうしてワーホリに行ったんだっけ?」「ワーホリで何も得られなかった」という失敗につながります。

そのリスクを減らすためにもワーホリに行く目的は明確にして、目標は臨機応変に現地でも選択できる状態にしておきましょう!

 

成功するワーホリにしよう!

成功プロセス1:まずは行く目的を考えてみよう!

[st-div class=”” margin=”0 0 15px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”e” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#f3f3f3″ color=”” margin=”0″ radius=”5″ position=”” add_boxstyle=””]ワーホリの理由をアウトプットする[/st-minihukidashi][/st-div][st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”” bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”5″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”0 0 25px 0″]

どうしてワーホリに行きたいのか考えて、全部メモに書いてみよう!

実際にもうワーホリしているよ!という人はどうしてワーホリに行きたかったのかもう一度思い出して。

[/st-mybox]

自分で思い浮かばない場合は、下記も参考にしてみてください。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 日本から離れたかった
  • 海外での生活にあこがれていた
  • コンプレックスを直したい、自分を変えたい(人見知りやコミュニケーションなど)
  • 外国語が話せるようになりたい
  • お金を稼ぎたい
  • 彼氏彼女を作りたい、結婚相手を探したい
  • 写真や動画を沢山撮りたい  などなど

[/st-mybox]

申し訳ありませんが、ここで全然ペンが進まない人はワーホリに行くのはもう少し先送りにした方がいいと思います。

それぞれにタイミングがあるので、今はまだ違うんだなと軽く思っておけば大丈夫。どうしても行きたくなるタイミングで行きましょう!(^^)!

 

成功プロセス2:目的の理由を肉付けしよう

どんな目的でも構いません。ただ、その目的を選んだ理由だけは明確にしておきましょう。その方が目標を設定しやすいです(^^♪

例えば「世界中に友達が欲しい」が目的だとしたら、その理由は「ワーホリ後に世界一周をするから」「泊まる家がほしいから」「その友達から外国語を学びたいから」などなど。

具体的にあればあるほどいいです。

どうやってこの目的の理由を考えるかは、先ほどの参考を見てみましょう!

[st-div class=”” margin=”0 0 15px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”e” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#f3f3f3″ color=”” margin=”0″ radius=”5″ position=”” add_boxstyle=””]目的の理由は明確にする![/st-minihukidashi][/st-div][st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”” bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”5″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”0 0 25px 0″]

  • 日本から離れたかった!→どうして離れたいのか?そこまでする理由はなに?本当に日本から出る必要はある?
  • 海外での生活にあこがれていた→どうして憧れているのか?どうしてその国を選択したの?ほかの国ではダメなの?
  • コンプレックスを直したい、自分を変えたい(人見知りやコミュニケーションなど)→海外に行くと日本で直すのとはどう違うのか?本当に必要?
  • 外国語が話せるようになりたい→どうして話せるようになりたいの?話せるようになった後はどうするの?
  • お金を稼ぎたい→日本ではなく海外で稼ぐ理由は?稼いでどうする?
  • 彼氏彼女を作りたい、結婚相手を探したい→どうして外国人の彼氏彼女が欲しいの?日本じゃ探せないの?なぜ海外まで出る必要があるの?
  • 写真や動画を沢山撮りたい→なぜ撮りたいの?海外である必要は?

[/st-mybox]

これがしっかりできるともう目標設定が楽だし、失敗もしません。目的が明確で、いくつもあるとプランを変更しやすく、納得のいくワーホリになります。これはワーホリだけでなく、普段の仕事やプロジェクトにも使えるので、どうして私はこの仕事をしているのか?と考えるととても効率が良くなると思います!

(本当に骨が折れる作業…私もブログを書いててあまり得意ではないと最近特に思っていますが、この作業が本当に大切)

 

成功プロセス3:無理のない目標設定にしよう!

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

異国の地で、一人で、しかも1年という限られた時間の中で本当に頑張ったら達成できそうな目標を設定しよう!

[/st-mybox]

本当にこの目標設定が大切です!

簡単にクリアできるような低すぎる目標でもなく、高すぎて無理のない目標を設定できるように「ワーホリで自分は何がしたいのか?何を得たいのか?」をよく考えてみてください。

今は特にコロナで計画が崩れている人も多いかもしれませんが、だからこそ時間がある時に今一度自分を見つ直してほしいです。

実際に私は考え抜いた末、1年ではできないと思ったので最初から2年計画にしました。(それでも英語力は言うほど上がっていないけど) 自分が立てた計画が1年じゃ無理だと思えば2年計画にしてもいいと思うし、それを加味して行き先を決めることも視野に入れると、ワーホリがより成功へ近づくと思います。別に一か所でなくても2か国で2年でもいいしね(^^♪  

 

具体的にどんな目標がおすすめ?

そうはいっても、1年の目標ってなかなか難しい。しかも目的によって目標は大きく変わってきます。

上記の目的に対する具体的な目標をいくつか挙げてみるので、参考にしてご自身でも目標を掲げてみてください。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  1. ローカルと同じ時給で働く
  2. ローカルフレンドを作る
  3. 旅行英会話以上の会話ができるようになる(日常英会話ができるようになる)

[/st-mybox]

ここでのポイントはあまり目標を絞り込まないこと。もちろん現地に行って余裕があればもう少し高いレベルの目標にした方がいい場合もあります。

例えば、1.ローカルと同じ時給で働くは「ローカルレストランでローカルと同じ時給で働く」にするとそもそも英語力がないければ相当高い目標になってしまいます。だけど、「ジャパレスでローカルと同じ時給で働く、チップを同等にもらう」とかにすると少し現実味もあって頑張れば達成できそうな目標になります。

こうしておくことで、帰国した後も「ワーホリでローカルと同じ時給で働くことができる自分=仕事ぶりを評価された」とアピールすることができるし、実際に目標も達成しているので自身にもつながります。

なので、他の人の目標に惑わされず自分の身の丈に合った、でも少し頑張る必要がある目標をいくつか臨機応変に選択できるようにしておくことが重要です!

周りに惑わされず、胸を張ってジャパレスで働いてもいい!上記を参考にして、自分に合ったレベルの目標設定をしてもらえればいいんじゃないかなと思います!    

 

[st-mybox title=”参考:もう少し例えの目標をアップ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 海外での生活にあこがれていた

→素敵な家に住むためにローカルとルームシェアする、自分で家を借りて家具家電を揃えてみる

  • コンプレックスを直したい、自分を変えたい(人見知りやコミュニケーションなど)

→日本語が通じない美容院に行ってみる、皿洗いなどに逃げずに接客業をやってみる(お店のメンバー+お客さんという接点があればOK

  • 外国語が話せるようになりたい

→ローカルの彼氏彼女を作る(日本語が話せない人ならOK)、日本語禁止(日本人とつるまないようにする)

  • 写真や動画を沢山撮りたい

→1日1枚以上写真や動画を撮ってインスタにアップする、ローカルの写真コンテストに応募する

[/st-mybox]

 

いくらでも目的に対して目標は立てることができます。

とにかくどんな小さいことでもいいので、できるだけ多くの目標を立てていきましょう。そうするとプランB、プランC、プランD…と完成して、AがダメならB、BがダメならC…と応用が利くようになります。

本来はこの目標の優先順位まで決めた方がいいですが、そこはワーホリ。現地での自分のメンタルと向き合ってできるだけ多くの目標を達成できるようにしましょう!

 

ワーホリの成功と失敗は自己判断でしかない

ここまで私も「目標」とさんざん言っていますが、  一方で、この目標がなくてもワーホリに行って「すごくよかった」「成功した」と言っている人もいます。

その違いは何でしょうか? 私は「ワーホリ中に答えを見つけたから」だと思っています。

日本以外に自分の大好きな場所を見つけられたから、一生ここに住む!という人もいます。そういう場合、ワーホリに来なければその答えは出なかったので「ワーホリに行って良かった!人生が変わった」と言っている人もいます。

「恋人を見つけることができた」、日本にたら就かない仕事をやってみたら意外と症に合っていて「一生の仕事を見つけた」という人もいます。

こういった成功の場合、日本を出るときに目標があった人って少ないと思います。

そういう人たちにどうしてワーホリに来たの?と聞いてみると「日本にいたくない」「海外に行ってみたい」という返事が多く返ってきます。 つまり、ワーホリに出た時点で目的が達成できるのでその中で目標を見つけて達成してしまえば成功になるんですね~。

そう考えると本当にワーホリの成功って人それぞれだと思います。

こうしなくちゃいけないとか、そんなルールは一切ありません! 自分自身で成功するワーホリを作り上げていきましょう!(^^)!

 

まとめ

ここまで読んでくださってありがとうございます! ちょっと真面目な話で熱く語ってしまいましたが、要は高すぎる目標設定が失敗原因なので1年という時間と、自分ができるプロセスの範囲を考えて目標設定をすれば成功はぐっと近くなります。

ただ、目標設定が絶対に渡航前に必要という訳ではありません。

私もそうだったし、私の周りにも「なんとなく疲れたから来た」という人もいるし、「海外生活が夢だったから来た」「ギリホリだから来た」という人も沢山います。

それでも成功した!という人は本当に海外生活を楽しんでリフレッシュしています。途中で目的や目標が出来たりして留まる人もいっぱいいます。 それが彼氏彼女だったり、本当に理由は人それぞれ(^^♪

物事はとらえようでいくらでも変えることができます。

そんな「失敗」や「正解か分からない」と思っていたワーホリも違う角度から見ればこれからのあなたの人生を変える成功のきっかけになるかもしれません。

ぜひ「本当に達成できるか?」ということを自問自答してみてください。

注意点としてはあまりに簡単な目標にはしないこと。必ず本当に頑張ったからこそできる目標にしましょう!  

「行って良かった」と思えるワーホリになるよう心から願っています!  

 

それではまた、Ciao!    

ABOUT ME
Minami
Googleローカルガイド:レベル8

マッパー第一人者として
日本から世界を回ります。

業種に関係なく
グーグルビジネスコンサルティング
お店のメニューやロゴ
イメージ動画作成もしています。

お仕事のお問い合わせはお気軽に(^^♪
詳しいプロフィールはこちら