Googleローカルガイド

Googleローカルガイドって何?やるべき理由は?

2021.6.20一部追記、変更

Googleローカルガイドって何の事?

こんにちは、Minamiです 🙂

 

あなたは「ローカルガイド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

Google MAPを使用している人なら、言葉を知らなくても知らぬうちに「ローカルガイド」の恩恵を受けているかもしれません。

今回は、そんな「ローカルガイドとは何か」を見ていきましょう 😉

 

 

 

ローカルガイド=世界的コミュニティサービス

ローカルガイドとはGoogleマップ上で情報公開できる世界的コミュニティサービスのことです。

グーグルの公式サイトには概要があり、下記のように出てきます。

ローカルガイドは、Googleマップでクチコミを投稿したり、写真を共有したり、質問に回答したり、場所の追加編集を行ったり、情報を確認したりするユーザーの世界的なコミュニティです。

旅行の目的地、レストランやショップ、アウトドア施設やテーマパークなどを選ぶときに、多くのユーザーがローカルガイドのクチコミ情報を参考にしています。

 

出典:Googleローカルガイド

つまりGoogleマップに自分が訪れた場所や、良かったなという情報をアップすることができ、かつその情報を世界中の人に見てもらえるということ!

 

Googleマップを見るとお店に評価や口コミ、写真が載っていますが、これらの多くはローカルガイドがアップした情報です。

マップを使用している人は、知らず知らずのうちにろ「ローカルガイド」の情報の恩恵を受けているかもしれません(^^♪

 

 

カスタマーとお店を繋ぐコミュニティの場が「Google MAP」

ローカルガイドの醍醐味は、Googleマップにあります。

上述したように、Googleマップを見ると、お店に「評価」の星が付いていることが分かります。

写真や口コミも見ることができますが、その「口コミ」情報はローカルガイドがアップしたもの。

お店の写真も多くはローカルガイドが提供している情報から成り立っています。

(以前はローカルガイドのみが情報提供可能でしたが、2021年はGoogleアカウントがあれば情報提供可能になっています)

 

これらは飲食店だけに限らず、病院や美容院、接骨院、会社なんかも対象になります。

 

ローカルガイドもお客さん(カスタマー)ですが、ローカルガイドになることであなたがそのお店で体験したことをグーグルマップを通してシェアすることができます。

口コミが役に立ち、新たなお客さんをお店に誘導したり、逆に「滑りやすい場所があった」といった注意喚起も出来たりします。

 

コミュニティの一例として、

お店から口コミの返信がもらえたり、他のユーザーからのお店の質問にオーナーの代わりに回答したりすることもできます。

 

また、役に立った口コミには「いいね」が付いたりと、新たなSNSコミュニケーションの場として今後大きくなると私は見ています。

 

 

Google MAP上であることのメリット

ローカルガイドは Googleマップを利用できる地域であればどこでも参加できます。

現在、Google マップは 40 か国以上の地域と言語でご利用いただけます。

 

出典:グーグルローカルガイド概要

上記の通り、Googleマップにあげられた情報はほぼ全世界で利用できます。

ここでのメリットは「自動的にGoogle翻訳される」ことです。

日本語で書いた情報でも、海外の人がその情報を見る時にはその人の母国語に翻訳されて見てもらうことができます。

逆もしかりで、海外の人が書いた情報を日本語で見ることができるので、旅行に行った時などのお店選びに大いに役立ちます(^^♪

 

これらのサービスはGoogle翻訳のおかげ!

もちろん他のSNSでも翻訳は可能ですが、グーグルが直接関与しているマップサービスは、性能の上がってきている翻訳機能を存分に使用することができます。

40カ国以上の言語を取り扱えるのはグーグルならでは。

ローカルガイドが知れ渡ればおそらく世界最大のSNS市場になるでしょう!(私予想)

 

 

ローカルガイドにならなくてもGoogleマップは使用できる

ここで多くの疑問が出るのが

ローカルガイドにならないとマップに口コミなど情報はアップできないの??

ということ。

多くのSNSはアプリのダウンロードやアカウントのログインが必要ですが、GoogleマップはGoogleアカウントが無くても使用することができます。

ただし、ローカルガイドと同じように口コミなどを投稿したい場合はGoogleアカウントでのログインが必要です。

 

ただ、「ローカルガイドとしてコミュニティを活用したい」「Googleマップへの貢献度を示したい(ポイントが欲しい)」という場合はローカルガイドの登録が必要になります。

 

とはいえコミュニティの場として使用しなくてもいいのなら、ローカルガイドになる必要はありません。

正直ローカルガイドに登録しなくても、Googleアカウントがあるユーザーならローカルガイドと全く同じ事が出来ます

じゃあどこにローカルガイドと一般のGoogleアカウントに違いがあるかというと、

  1. コミュニティの場として使用できる
  2. ポイントを貯めてGoogleマップへの貢献度をアピールできる
  3. コネクトライブへ参加できる資格を持てる

という3点です。

上記の3点に重きを置きたい人はぜひローカルガイドになりましょう!

こちらもCHECK

【簡単&分かりやすい】Googleローカルガイドアカウント作成

続きを見る

 

 

まとめ:ローカルガイドとは

繰り返しになりますが、ローカルガイドとはGoogleマップ上で口コミや写真などの情報をシェアできる世界的サービスです。

 

このサービスは何も登録しなくても

Googleマップを使用する人なら誰でも情報を見ることができますが、

情報を与えることはローカルガイドになるか、Googleアカウントでログインしないとできません

そこからさらにポイントがほしい!情報提供をしていることをアピールしたい、コネクトライブへ参加してみたい!という人はローカルガイドになる必要があります。

 

ローカルガイドは世界でもかなり広まっていて、今後はより多くの人が利用すると私は考えています。

 

しかし日本では、まだまだ海外ほど活発ではありません。

なぜなら日本ではグルメサイトや美容サイトなどの専門サイトが強く働いているから。

とはいえ目的にもよりますが、何ならネット検索より今後はマップ検索の方が早くて効率がいいのではないかと思うのは私だけでしょうか...(*_*)

現にネット検索ではなく、Youtubeやインスタで直接検索するように、今後はシフトしていくと考えています。

つまり、ジャンルや職業分野に関係なく、情報がマップ上で一つにまとまっていることは「大きな可能性」を秘めています。

そんな新たなSNS市場・Googleマップでのローカルガイドの登録・活用方法、ビジネスとしての側面をこのブログでは紹介しています。

ぜひ色々な記事を見て参考にしてもらえると嬉しいです!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

 

 

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

Google Map
ブランディング
コンサル

お店の魅力を世界中に無料でアピール! マイビジネスの活用相談受付はこちら

お問い合わせ


それではまた、Ciao! 😉
Minami

 

 

Sponsor Link

-Googleローカルガイド

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5