Googleローカルガイド

【投稿要注意!2021年6月最新版】写真・動画の投稿について

え?いつの間にそんなにルールが厳しくなったの?!

こんにちは、Minamiです 🙂

 

今回はGoogleマップにローカルガイドたちがアップしている写真や動画について!

私がローカルガイドを始めた1年前はこんなに厳しいポリシーは書いてなかったのに、

最近確認してみると厳しくなっている(@_@)

そして日本で数少ない「レベル10」のハイレベルなローカルガイドでさえも、

更新されたポリシーに則りアカウント削除されていました!

衝撃…。

グーグルさん厳しい( ;∀;)

 

という訳でこの記事では2021年6月現在の

最新の写真・動画のアップロードポリシーを確認して、

マナーのある投稿を出来るようにします!

「知らなかった」ではせっかくの今までの投稿が水の泡になる可能性もあります。

ここでしっかりと確認して、ポリシー違反にならないように注意しましょう(*_*)

 

そもそも、写真・動画はどんなものを投稿できるの?

Googleマップに投稿できる写真は、外観、店内、360度写真、メニューや商品になります。

これらは出来るだけその状態が写真や動画から見たまま伝わるようにしたいと

考えられているため、多くの写真は無加工か、多少綺麗に色味や光を整えて投稿されます。

 

グーグルは色味を大幅に変えるような写真の加工もNGだと言っており、

また1枚に対して1つの情報が伝えられるようなものを求めています。

 

2021年、新たに追加された禁止事項

上記までは以前からあったルールなのでこれまで通り投稿してもらえれば

問題ないのですが、

それれに加えて写真と動画には次の要件が適用れることになりました。

要はあなた自身で撮った、最新の実際に足を運んだ時の写真を

タイムリーにアップしてね!というのがGoogleの言いたいことです。

普通に考えたら当たり前だと思うのですが、禁止事項を見てびっくり!

  • スクリーンショット
  • ストックフォト
  • GIF
  • 手動で作成した画像
  • 第三者が撮影した画像

また上記とは別に、場所と関係のない写真は自動的に削除されるので注意してください。

 

他人の写真を横取り?「スクリーンショット」

他人の写真を自分の写真家のように見せるスクリーンショットや、

情報をより丁寧に載せようとお店のメニューをHPから

スクリーンショットしたものは載せられません。

万が一載せても削除されれて、ポイントにもならないので注意しましょう。

 

一番やっている人が多いかも「ストックフォト」

昔の写真を引っ張り出して投稿することは禁止事項です!

(これ私めちゃやってたーーーー!( ;∀;) とはいえこれは写真・動画のみで口コミはこの限りではありません。)

 

ローカルガイドを始めた時にカナダの投稿をしているのですが、

その時で2年前とかのストックをアップしています。

最近でもブログ記事のリライトで当時の口コミ投稿漏れがあったりすると

写真をアップする物もあるのですが…これもNG行為です(-“-)

街の風景や、観光スポットに関してはそこまで大きな変化はないので

問題なさそうですが、メニューとか料理は確かに少しズレがあるかも(*_*)

あまりにひどいものに関してはGoogle側で勝手に消してくれていることでしょう(ToT)/~~~

 

また、この傾向として最近急にポイントが減ったという人を「Q&A」で見かけますが、

おそらくこれが当てはまっていることがほとんどだと思います。

 

動画の代わり?「GIF」

動画を投稿する時は必ず4MPデータの30秒以内でなければいけません!

GIFデータが動画としてGoogleマップで認識されていたのかは分かりませんが、

逆にGIFデータで載せるようなものはないと思うので、

素直に写真か動画をきちんとしたデータファイルで投稿しましょう。

 

動画も同じく、「手動で作成した画像」

「手動で作成」とは合成などで作った写真を指します。

行ってもいないのにあたかも行ったように見せたり、

似たような食べ物に対して店内の背景を変えたりすることも禁止行為です。

オフィシャルには「手動で作成した写真」とだけ改定ありますが、

動画も同じことが言えます。

 

「第3者が撮影した写真・動画」も重複のためNG

「第3者が撮影した」とはどういうことかというと、

その場に一緒にいたあなた以外の誰かが撮った写真のことを言います。

一緒に食事に行ったうちの一人が料理の写真を撮るのがとても上手で、

後からシェアしてもらったとしても、その人からもらった写真は

あなたのアカウントでは本来は使用できません。

とはいえ、写真を撮った人がGoogleマップにアップしなければ

特段大きく問題にはなりません。

ただし、写真を撮った人がマップに投稿するようになると、

写真の重複でどちらかのアカウント(多分後から投稿した方)が削除されたり、

写真や動画がすべてGoogleから弾かれてしまう可能性もあるので注意してください。

 

画像・動画の加工は節度を守ってやろう

また、禁止事項にはなっていませんが写真や動画にテキストやロゴを合わせる場合は

注意が必要です。

  • 360° 写真の場合、写真に重ね合わせるコンテンツは天頂か天底(正距円筒図法で生成された画像の上部または下部 25%)のいずれかに限り使用可能で、両方に表示させることは出来ません。
  • 通常の画像・動画の場合、重ね合わせるコンテンツの面積は画像や動画の 10% を超えてはならず、1 つの端にのみ表示すること。
  • 重ね合わせるテキストや画像は、もとのコンテンツに関連している必要があります。
  • 重ね合わせるテキストや画像が目障りな場合は許可されません。

これらも普通に考えてそりゃそうだと思うことばかりですが、

あまりに違反してしまうと投稿が削除されてしまうので注意してください。

 

まとめ:写真・動画の投稿注意事項

普通に考えたら分かるような禁止事項もありましたが、

これは人によると思うので今回の記事を読んで当てはまるものがあれば、

今日から改善するようにしましょう!

今回の記事のルールをもっと詳しく確認したいという方は下記のボタンから

Googleローカルガイドのオフィシャルページへ飛ぶ事が出来ます。

なぜかは分かりませんが投稿がお店に載ることすらない物もここ1ヶ月で出てきました。

原因はこの禁止事項だけではないと思いますが、

今一度私もしっかりと自分の投稿を見直して修正できるものはしていきます!

時間はかかりそうですが、アカウントが消えることの方が悲しい(;_;)/~~~

 

あなたも今後の投稿はもちろん、過去の投稿も気を付けるようにして

グーグルポリシーに則り、Googleマップを使いこなしましょう!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が役に立った! と思ったら、ぜひいいね”シェア”お願いします 😀

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

ランキングに参加しています。ポチっとしてくれると嬉しいです。😊

ABOUT ME
Minami Naka
名香南美【ライター/マッパー(トラベラー)】 2014年から海外旅行に目覚め、カナダ・バンクーバーに2年間の留学・ワーホリを経験。 旅×ファッション×グルメを中心にライターとして情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)