Googleローカルガイド

【マップ超便利機能】お気に入りの場所を保存してリスト作成

リスト作成って何?どんな事が出来るの?

こんにちは、Minamiです 🙂

 

ローカルガイドのアカウントを見ているとたまに

リストを公開している人がいることに気が付きませんか?

このリストはマップの地点に自分でオリジナルのフラグを立てて、

場所を保存できる機能です。

そのフラグを立てておいたものをまとめてみる事が出来るものが「リスト」になります。

このリストはアカウントとは別に公開・非公開・一部公開できるのが特徴です。

キャッチーなリスト名にしてお気に入りの場所を紹介したり、

旅行に役立つお店をまとめてくれている人もいます。

ちなみに私の公開しているリストはこんな感じ↓よかったら見てね(^^♪

今回はそんなリストの作り方と使い方をレクチャーします!

 

リストを作成してみよう!

リスト作成はとても簡単です。

一度作り方を覚えてしまうととても便利な機能で

沢山作りたくなること間違いなし( *´艸`)

何より保存してある場所を目的別にパッと呼び出せるので楽です。

 

スマホ(グーグルマップアプリ)でリストを作成する方法

すべて英語にはなりますが

オフィシャル動画からスマホでの操作方法の全てを確認することができます。

リストの作成方法、リストに載せたい場所の保存方法、

リストの修正方法からシェア方法まで!英語でも動画なので分かりやすいです。

良かったらこちらも参考にしてみて下さいね(^^♪

 

PC(ネット)でリストを作成する場合

PCでのリスト作成も、スマホ(アプリ)と同様に登録したい地点から新規リスト作成ができますが、編集画面からも作成できます

PCの場合は、リスト作成後保存しなくても、

自動保存されているのでそのままタブを閉じて大丈夫です。

簡単!(^^)!

 

リストの編集方法

作成したリストの名前を変えたかったり、リストにどんな店を保存したか確認したい場合、

リストを公開・非公開や第三者に教えたい場合は編集画面に入ります。

PCでの操作は上述したリスト作成から編集も行う事が出来ますが、

スマホ(アプリ)は少し違います。

このように、リストを作成するところと、確認する場所が全然違うので注意!

とはいえ、スマホの方が簡単にリストを呼び出せるので便利です。

私のようにフラグを大量に立てていると、「地図に表示しない」(画像右端)を入れておくと、マップがすっきりして見やすくなります。

仕事の時は他のマッピングが見えないようにしておくことで集中することができます(^^♪

 

リスト作成のメリット:自分だけのマップメモに使用できる!

さて、そんなリストですが個人的に最大のメリットだと思っているのが、作成したリストに保存した地点それぞれにメモが書き入れられることです。

しかも文字数の制限なし!

ローカルガイドのアカウントの公開・非公開にかかわらず、リストはそれとは別で公開・非公開が選択できます。

つまり、非公開にしておけば自分だけの地点メモが出来るということ!

 

営業の外回りにも行った場所をメモしておくにも便利だし、口コミを書きたくないけど忘備録として使用する場合にとても役立ちます。

また、作成したリストは一般公開、一部公開、非公開と3段階に分けて公開できるので、一部公開にして知人にだけURLを送ることもできます。

めっちゃ便利( *´艸`)

 

プチ情報:私のリストの使い方

私のリストの使用方法を紹介!要らない情報かもしれませんが、

かなりオススメの使い方なので良かったら使ってみて下さいね。

私の非公開リスト

 

  • 行きたいところリスト
  • 行ったリスト(口コミを書いたり評価をしていない場所を保存して、後から投稿するのに使用する)
  • お客さんリスト

これ以外にも非公開リストはあるのですが、

非公開にしているリストの方がメモもしっかり個人的に書き込んでいます。

特にお客さんの場所を転々と回っている人なんかはリスト化して

保存しておくとナビ設定がかなり楽になります!

新規営業でも行った場所をメモして置けるので、かなり効率が上がると思います。

 

また個人的なリストに、よく病院や緊急の時に行く病院、防災リストなど作っておくと

いざ行こうとしたときに営業時間の確認やナビなどで

とても便利に使う事が出来ます。オススメ(^^♪

 

公開するなら人の役に立つリストにしよう

そんな超便利機能の「リスト」ですが、

一般公開すると全世界中の人に見てもらえることになるので

Googleマップのリストには、わかりやすいタイトルとテーマ、

役立つ説明を含める必要があります」とグーグル先生はおっしゃっています。

リストの保存先に制限はありませんが、5~15個の場所が最適とされています。

さ・ら・に!

ローカルガイドの中でリストを上位表示させるためには

画像の選択もしなくてはいけません。

 

ポイントが貰えるリストにするためには

リストを作成し公開すると1件につき10ポイントもらえます。

そのリストに説明をつけると更に1件につき5ポイント貰う事が出来ます。

ただし、リストが有効でないと追加のポイントもつかないので注意が必要です。

有効なリストとは4件以上保存した場所があり、一般公開されているものを言います。

更にリストを充実させるために、以下も対応するのがオススメ!

 

一言紹介を充実させること

また、リストに入れたお店(フラグを立てた場所)に対する

オリジナルのコメントも入れる方が良いです。

他の人が意思決定を行うのに役立つ、パーソナライズされた説明を含めることをお勧めします。

インターネットから直接コピーして貼り付けないでください。リストにある場所が好きな理由について、あなたのユニークな意見を聞かせてください。

さらに、他の人があなたの完全なレビューを読むために読み進めるように促します。

リストを非公開にして、自分のメモとして利用する場合は良いですが、

公開する場合はメモ書きも注意するようにしましょう。

 

リストのタイトルはキャッチーにすること

グーグル先生はですね、ここでもかなりハイレベルなことを求めていらっしゃいます。笑

誰かの注意を引くのはほんの数秒です。

ですから、それらを数えるようにしましょう。私たちは、他の人がクリックしたくなるような説明的なタイトルが大好きです。

タイトルを考えるのが難しい場合は、リストの内容を正確に説明してみてください。

実際、リスト作成に名前を考えたものもありますが、

私は全部のリストをここまで頑張らなくてもいいかと思いっています。

作ってみて、「あ~個人的なリストにしたいな」と思えば非公開にすればいいので、

とりあえずリスト機能を使ってみるのも良いと思います。

 

まとめ:リストの作成方法と使用について

Googleマップをよりオリジナリティあふれる顔にしてくれるリスト機能。

リストの公開は結構Googleからハイレベルなことを求められるので、

最初は非公開で好き勝手使うのが良いと思います。笑

私のように行きたいところ、行った所をメモしたり、

お客さんの場所を保存しておくのも良いと思います。

例えば…

親戚、家族の家も保存しておくとそのまま住所録になって便利です。

(「家族リスト」とか名前つけても良さげ)

ペットを飼っていれば、ペットも一緒に入れるお店リストなんかも

あっても良いと思います。

病院のリストとかを作っておくと、そのままそこに行く時のナビ設定も楽になるし、

良い事尽くしです。

 

ぜひ、リスト作成をマスターしてあなたに合った使い方で

Googleマップの可能性をもっと広げて行って欲しいです( *´艸`)

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が役に立った! と思ったら、ぜひいいね”シェア”お願いします 😀

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

ランキングに参加しています。ポチっとしてくれると嬉しいです。😊

 

ABOUT ME
Minami Naka
名香南美【ライター/マッパー(トラベラー)】 2014年から海外旅行に目覚め、カナダ・バンクーバーに2年間の留学・ワーホリを経験。 旅×ファッション×グルメを中心にライターとして情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)