Googleローカルガイド

Googleマップをあなたらしくカスタム【タグ付けとラベル分け】

 

タグとラベルってどういう違いがあるの?

こんにちは、Minamiです 🙂

 

Googleマップを使用していると、写真へのタグ付けやお店へのラベル付けなどが出来ることに気が付くかもしれません。

でもこれって、いったいどうやって使うのか、タグやラベルを付けたらどうなるのか曖昧な点が多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな微妙にもやっとする「タグとラベル付けについて詳しく解説していきます(*'ω'*)

 

 

 

 

タグって何?Googleマップでどう使えるの?

基本的にGoogleマップ上でのタグとは、写真につけることを指します。

写真にタグ付けすると3ポイント」ってやつだよね?
それそれ!

Googleマップ上では基本的にタグ付けはメニュー写真に対して行われることがほとんどです。

 

残念ながらそれ以外の用途はあまり有効ではありません。

(有効だけど、メニュー以外のタグ付けはポイントにならない)

 

以前は投稿にハッシュタグをつけることもありましたが(アンドロイドのみ)、既に廃れた機能です...

もしも再度実装されれば、今つけて投稿している口コミのハッシュタグも有効になると思いますが、現在のところはただのテキストになっています。

そのため、あまりにも多すぎるハッシュタグを投稿と一緒につけていると、関連性のないスパムとして取り扱われてしまう可能性もあります。

 

現在は写真にのみタグ付けが許可されていると認識しましょう!

 

 

ラベルって何?タグとの違いは?

ラベルには大きく2種類あり、一つは写真についているラベル、もう一つはお店や地点に個人的に登録できるラベルのことを言います。

タグとの違いはラベルの方が大きなくくりになっていて、タグはさらにそれが細分化されたものと理解してもらえると分かりやすいかと思います。

この2つのラベルをそれぞれ解説していきます。

 

写真につけられたラベルはどんなものがあるの?

タグと同じく写真についているのがラベルです。

このラベルは「オーナー投稿の写真」「ロゴ」「ローカルガイドが投稿した写真」「メニュー」などなど、写真のタイプを分けたものになります。

お店のページを開くと写真の欄にこのようなスクロールできるカテゴライズされた写真が出てくると思います。

これがラベルで、さらにその中にメニューなどの細かなタグ付けがされています。

 

場所を保存しなくてもラベルを張れる

ラベルを地点に貼ることも保存の一種なのですが、リストと違って、マップに固定されて表示されやすいのがラベルです。

特にお気に入りのお店や、普段からよく使う場所で、地図上に常にあっても困らない地点はラベルの方が便利かもしれません。

また、リストは細分化されますがラベル形式で保存しておくとリストに関係なく大きなカテゴリであなたの好きなように地点を分ける事が出来ます。

例えば、カフェというラベルをつくって、リストに「パンケーキ屋」「コーヒーが美味しいお店」「作業にぴったりのカフェ」など細分化したものを作る事が出来ます。

 

PCからラベルを作成する

スマホからラベルを作成

 

PC(ネット)もスマホ(アプリ)もリスト同様に同じ場所から確認する事が出来るので、ラベル>リストというのが管理しやすいと思います。

 

 

ラベルを設定するとGoogleにかなり貢献できる?!

ラベルを作成する際に出てくるのが

設定した個人用の場所は、好みに合ったおすすめ情報や利便性の高い広告を表示するために、さまざまな Google サービスで使用されます。

というメッセージ。

要は設定した場所がハッシュタグのような役割を果たして、同じようなお店や情報を自動的に流してくれるんですね!

 

 

まとめ:Googleマップでのタグ、ラベルの使い方

Googleマップでのタグは...

  • ラベルを更に細分化したもの
  • 写真にメニュー名をつけるとプラス3ポイントもらえるもの(1枚につき1タグ)
  • 地点に対してはリスト(フラグ)がタグ付けのような感覚

Googleマップでのラベルは...

  • タグを囲うさらに大きなカテゴリ
  • 投稿した写真を大きなくくりで見る事が出来る
  • リスト(フラグ)に対して更に大きなカテゴリでお店を保存できる

 

また、現在はハッシュタグを投稿につけなくても、口コミから自動的によく使われている言葉をピックアップされるようになっています。

わざわざタグをつけなくても、ピックアップされている言葉を使用すれば目に留まりやすくなるので、ぜひ口コミを書く際は少し気を付けてもらえると嬉しいです。

また、ハッシュタグを大量につけてしまうとスパム行為とみなされてアカウントが削除される可能性があるので注意してください。

 

ラベルとタグは混同しがちですが、常にマークしておきたい場所自宅や職場、よく行くお店などはラベル分けも便利です。

ラベルに関してはフラグを立てる(リスト)と比べて使いやすい方を使用すればいいと思います。

ちなみに私はフラグを立てる方が好きです(*´ω`*)

なぜなら、マップ上で簡単に非表示にしたり、リストを削除するだけで保存状態がクリアになるからです。

フラグを立てているのは自宅や職場などよっぽど場所が動かないものに対して使用しています。

 

今回はこちらで以上になります!

あなたのGoogleマップでのタグとラベルに対する理解が少しでも深まれば嬉しいです(^^♪

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

 

 

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

Google Map
ブランディング
コンサル

お店の魅力を世界中に無料でアピール! マイビジネスの活用相談受付はこちら

お問い合わせ


それではまた、Ciao! 😉
Minami

 

 

0

Sponsor Link

-Googleローカルガイド

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5