Googleマイビジネス

【MEOとは何か?】今すぐできる対策と対応すべき理由

「MEO」って最近聞くけど、どういう意味??

突然ですが、”MEO”という言葉を知っていますか?

Googleマップに興味・関心があったり

Googleマイビジネスを始めているあなたなら聞いたことがあるかもしれません。

 

とはいえ…

聞くけどあまり内容は分かってないんだよね。
SEOと何が違うの?ローカルSEOでしょ?

こんな人も多いのではないでしょうか???

 

今回はMEOの理解を深める3点

絞ってお話します。

  1. MEOとは何か
  2. MEO対策をすべき理由
  3. MEO対策をすると得られる効果(メリット)

ちなみにMEO対策はプロの業者に頼むこともできますが

お金をかけたくないという人でも、個人的に対策しやすいジャンルです。

簡単! 誰でもできる2021年10月最新版GoogleマップMEO対策方法MEO対策って自分でやるにはどうしたらいいの? https://msfeature.com/p3196 現在は、情報...

 

この記事でしっかりとMEOを理解し、

上記の記事で対策まで行えるようにしましょ!(^^)!

 

 

MEOとは一体何?

早速本題に行きましょう!

MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の

頭文字をとった略称です。

地図の検索結果において上位表示させることを指します。

ちなみにMEO対策と言ったら、

基本的にGoogle Mapの中の検索エンジンを最適化することを言っているんだな! と

理解しておけば大丈夫です。

 

なぜなら、地図アプリを使用する人のうち約90%がGoogleマップを使用しているから。

だからこそMEO対策では、Googleが好むアルゴリズムに当てはまるように

あなたの店舗情報やビジネス情報をきちんと書き入れることが大切です。

上位表示されると、

あなたのGoogleマイビジネス(Googleマップに表示されるあなたのお店)に

アクセスが増えるので、しっかりとPRができ

結果として集客を効率よく行うことが出来るようになります。

しかもGoogleマイビジネスは無料!

やったー\(^o^)/

 

また、MEOはローカルSEOとも言われています。

MEOとほとんど同じ意味合いと捉えておいて問題ありません。

 

MEOとSEOの違い

ここでよく聞く質問として上がるのが「SEO対策とは何が違うの?」という点です。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、

インターネットの検索結果に上位表示されるよう施策したり、

よりクリック数が増えるようにするための施策などが含まれます。

 

MEOとSEOの違いは、マップで検索するか、

それともGoogleやyahooなどのブラウザから

インターネット検索するかの違いです。

SEOだけではなく、MEOも言われるようになった理由は

検索するフィールドが違うため、それぞれに対策が必要になったからです。

(難しく考えなくても、マップはマップでの対策が必要なんだなと理解すればOK!)

 

MEO対策をすべき理由

さて。上述したように、MEO対策はSEO対策にもとても重要なのですが

MEO対策をすべき理由は、さらに大きく2つあります。

ここからはその2つの理由を解説します。!(^^)!

 

SNS検索やWeb検索が主流になってきた

1つ目の理由は、そもそも検索ツールがGoogleやyahooといったインターネット検索から

InstagramなどのSNS検索YoutubeやGoogleマップなどの

Web検索に移行してきていることです。

 

事実、Googleマイビジネスを始めている人なら

Googleマップでの閲覧数が増えたり、予約や問い合わせが増えたと感じている人も

多くいるはずです。

 

それはどれだけSEO対策をしていても、

Googleマップでの検索結果(MEO)が先に出てくるようになったからです。

え? じゃあせっかくお店や会社のHPをSEO対策お金かけてやってても、Googleマップの結果が表示されていたら意味ないじゃん。

それはそうですが、検索するブラウザはGoogleだけではありません。

ヤフー検索もあるし、Bing検索もあります。

あくまでグーグルで検索した時の結果なので、

これまで通りSEO対策はやった方がいいことに間違いありません。

でも、情報社会を牛耳る、天下のGoogleが

マップでの検索結果をインターネット検索よりも上位表示させるということは

それだけGoogleマップでの検索が重要視されている、

集客に直接つながるツールだと言えます。

だからこそ、MEO対策をする必要があるんです!

 

これまでSEO対策ばかりが注目されていましたが、

(インターネット検索が当たり前だったからね)

これほどMEOという言葉が浸透してきたのは

他でもない、Googleマップでの検索が増えたことが背景にあります。

(そりゃこれだけGoogleが検索結果より上に出してくれば見ちゃうよね。)

 

スマートフォンの普及が意味する行動心理

2つ目はSNSやWeb検索が増えた背景にあるスマートフォンの普及です。

特にGoogleマップはこのコロナ過において、行きたいところに行くまでの

シュミレーションとしても使用されることが増えました。

交通手段やルート、その他お店の情報まで分かるツールだと認知されてきており、

今後もGoogleマップを使用する固定ユーザーがいることは間違いありません。

 

総務省の平成30年に実施された「通信利用動向調査」によれば、

2010年にまだ9.7%に過ぎなかったスマートフォンの保有率は、

その後のわずか3年間で62.6%まで上昇しています。

2017年には75.1%まで上がり、この数値は

個人が持つパソコンの保有率を初めて超えました。

わーお\(◎o◎)/!

 

つまり、私たちが情報を収集するツールは掌に収まるようになり

例え持ち運びのできるノートパソコンがあったとしても

スマートフォンで検索することが圧倒的に多くなりました。

 

また、Googleが2015年7月に提唱したマイクロモーメント(マイクロモーメントとは?)でも

消費者が「知りたい」「行きたい」「したい」「買いたい」と思った瞬間に

スマートフォンなどのモバイルデバイスでの検索を通して

消費行動に繋げることが調査されています。

 

このことからも、ユーザーの検索行動の変化、Googleのアルゴリズム、

検索するデバイスの急速な変更に伴い

Googleマイビジネスを始めているなら特にMEO対応は急務です!

(まだの人は今すぐGoogleマイビジネスを始めましょう!)

 

 

MEO対策をするメリット

さて、そんなMEO対策をすると具体的に何が良くなるのでしょうか?

ここからはMEO対策をするメリットを3つ紹介します。😉

 

間接検索が増え、新規の客が見込める

まず、1つ目はGoogleマップから新規の顧客流入が見込めることです。

直接お店のサイトや載せているポータルサイトなどに行かなくても

Googleマップに自動的に表示されるようになるため

直接お店の名前を検索している時はもちろん、他のお店をを検索していたり

目的地までのルートに近いと自動的に表示されます。

さらにGoogleのAIが自動的にユーザーの好みや、

過去の検索結果に合わせた場所を表示させるため

必然的に感度の高いユーザーにお店の情報を見てもらえるようになります。

この時に情報がしっかり整っていると、かなり新規集客が見込めるようになり、

大きなメリットになります。

 

ユーザーの行動がスムーズに取れる=集客の取りこぼしが少なくなる

2つ目のメリットは、Googleマップユーザー(お客様)に優しくなれることです。

Googleマップ上にきちんとお店の情報が載っていることは、

実店舗でもきちんと看板を掲げて、周りの人から見て分かるようにしているのと同じです。

Googleマップはお店の情報を手に入れるだけでなく、

その場所に行くまでの時間やルートなど

行動するまでに必要な情報を全て完結する事が出来るツールです。

つまり、あなたのお店や会社に訪れようとしたユーザーの行動が

スムーズに取れるようになり、ストレスなくお店に来れるようになります。

Googleマップの情報を整えてあげるだけで、

集客の取りこぼしを減らすことができるなんて嬉しい( *´艸`)

 

信頼度が大きくアップする

3つ目のメリットは、信頼度が大きくアップすることです。

先述したように、MEOの結果はSEOを超えて上に表示されます。

この時、ユーザーは”上位表示されているものほど人気があり、きちんとしている”という

認識を持っています。

あなたもインターネット検索をかけた時

見るのは上位3つか5つ目くらいまでではないでしょうか。

もしくは1ページ目まででよっぽど2ページ目に行くことはないと思います。

だからこそ、MEO対策をするだけで自動的にユーザーから信頼を得る事ができ、

情報がしっかり載っていると更にユーザーの行動への後押しが可能になります。

 

MEO対策をしないとどうなるのか

とはいえMEOと言われても、まだGoogleマップがそこまで力を持っているとは思えず

そこまで重要だと感じないかもしれません。

ですが、今対応しないと対応している店との差は広がるばかりです。

これだけスマートフォンが普及し、インターネットの情報社会も変化している世の中です。

昔はテレビか新聞で十分だったメディアは、今やSNSだけでも相当数の入り口があります。

あなたにとっては「そこまで重要ではない」かもしれませんが

特に今の10代~30代にとっては、情報の入り口は一つとは限りません。

人に聞く前に、行動する前に、あらゆることを調べ、情報を選択しています。

 

億劫に感じるかもしれませんが、情報発信源は複数持っている方がリスク分散にもなり

経営者の立場から見ても対応しておいても損はないはずです。

なぜなら、Googleマイビジネスは「無料で使用できる」ツールだからです。

あなた自身で始めれば、金銭的なマイナスがない上に

情報をしっかりとGoogleマップに載せておけば信頼度も上がります。

 

対応しないことはホームページなどのオウンメディアの閲覧数だけでなく、

そもそもマップ上でも発見してもらいにくくなってしまいます。

この対応の差が、新規顧客をキャッチしにくくなり、他店のとの差となり広がります。

だからこそ、MEO対策をしておくべきなのです。

 

今すぐできるMEO対策方法

現在MEO対策をすることは、GoogleにおいてはSEO検索よりも上に来る時点で

かなり重要度が高いです!

とはいえ、難しく考えなくても大丈夫。

MEOの場合、載せられる情報が限られているため、SEOよりも対策はしやすいです。

詳しくはこちらの記事で誰でも簡単にできるMEO対策の仕方を書いているので

ぜひこの記事と合わせてチェックしてね!

 

簡単! 誰でもできる2021年10月最新版GoogleマップMEO対策方法MEO対策って自分でやるにはどうしたらいいの? https://msfeature.com/p3196 現在は、情報...

 

まとめ:MEOとは何か

最後に今回のまとめです。

  • MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の頭文字をとった略称
  • MEO=ローカルSEO
  • Google検索ではSEOよりMEOが重視される
  • MEO対策をすることで、信頼度が上がり集客に繋がる

MEOと聞くと難しく感じてしまうかもしれませんが

Googleマップが使用されることが当たり前になりつつある今

現実世界と同じようにお店や会社を地図上に載せておくことは

ある意味当たり前のことです。

Googleマップを使用するユーザーにも、足を運ぼうとしているお客さんにも優しくなる

といった視点を持てば、情報を提供するだけの事なので、何も難しくありません。

ぜひ今日から取り組んでみて下さいね。

 

また、全てのMEO対策を一人でやるのは大変かも…

そんな時間がないし、できれば作業はあまりしたくない、というあなたは

「Googleマップブランディングコンサル」よりぜひお問い合わせください!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が役に立った! と思ったら、ぜひいいね”シェア”お願いします 😀

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

<調査概要>
調査元:株式会社エフェクチュアルの依頼によりマクロミルが調査
調査人数:330名
調査対象:全国の10代~50代の男女
調査期間:2021年3月18日〜2021年3年20日
調査方法:インターネットリサーチ
過去調査実績:2019年1月にも同様の調査実施
https://effectual.co.jp/2019/02/19/地図アプリの利用トレンドをレポート

 

ABOUT ME
Minami
Googleローカルガイド:レベル8 マッパー第一人者としてGoogleマップの可能性をもっと広げたい! 業種に関係なくGoogleマイビジネスの有効的な使い方やお店のコンサルティング紹介活動をしています。 お仕事のお問い合わせはお気軽に(^^♪ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)