カナダ カナダワーキングホリデー バンクーバー バンクーバー生活

美しい建築物、勉強に最適な【バンクーバー図書館】を使ってみよう

みなさんこんにちは、Minamiです。

今回は留学・ワーホリ生活の中で、家の次に長く時間を過ごしたと行っても過言ではない、バンクーバー図書館をフィーチャー!

そんな図書館の魅力と使い方、ちょっと気をつけた方がいいポイントをお伝えします。

 

 

ダウンタウンにある大きな市立図書館

 

こちらが図書館。円柱型の図書館に沿って半円を描くように別棟があります。

一階には軽食店が並んでおり、小腹が空いた時や、勉強の合間の食事にぴったりです。階段ではいつも人が座って日向ぼっこしたり、食事したりしています。映画の撮影にも使用されており、滞在中も何度か撮影風景を見ることができました。

館内は勉強机も多く設置されており、窓際の席は人気ですぐに埋まってしまいます。

日本の図書館と違い学習室は別れていないので、お気に入りの席を見つけて見るのもいいかもしれません(^ ^) 

ちなみに私は3階のエレベータを上がった左手の吹き抜け横の席が好きでした。2階だと少しうるさいし、4階だと上がるの大変だし、3階がちょうどよかったです。

また、日本と違ってスタバなどのカフェでコーヒーを買ってそのまま入れるのが嬉しい!日本の図書館じゃ絶対ありえないけど、普通にみんなコーヒーやドリンクを飲みながら作業しています。

ただ食事はNGなので、食べていると注意されます。

 

フリーWi-Fiを使用できる、図書カードに登録しよう!

どうやって図書カードを作るの?作り方はとても簡単!

図書館に入ってすぐ、貸出・返却カウンターがあります。

その隣に一段低いカウンターがあると思うのですが、そこで登録手続きができます。以下の3点を持って「 図書カードを作りたい」と言えばあとはやってもらえます!

  • 半年以上期限があるVISA(半年以下は作成不可)
  • パスポート(ID)
  • カナダの携帯番号(ホームステイしてる場合はステイ先の情報が書かれた紙)

 

本当は現地で有効な携帯番号が必要ですが、ホームステイ先の連絡先でも何とかなりました(*゚▽゚*) ただし登録後にホームステイ後の住所と携帯番号を再登録するよう言われるので、良い子はちゃんと修正しましょう。無くしても再発行ができるからね!

正直、ホームステイ先の情報の紙はどちらでもいいのですが、英語が心配であれば持って行った方が説明しなくて済むので楽です。カナダの学生ビザの期限自体が半年〜しか発行されないため、図書カードを確実に作れる証拠にもなります。

また、そこに乗っている情報をそのままスタッフの人が登録してくれます。英語での説明が億劫だな〜という人でホームステイを最初にする人は持って行きましょう!そうじゃなければ是非チャレンジしてください。

 

フリーWi-Fiを使用する時は図書カードの後ろに載っているIDから入ろう!

発行するとその場ですぐにカードがもらえます。なので、Wi-Fiも即時使用可能!

カードの後ろにあるIDをホームページから入力して、初回のみパスワードを設定します。

あとは毎回このページからWi-Fiを使いたい時にログインするだけ!スピードも申し分ないし、パソコンと携帯で同時にログインして使用することも可能です。

 

5階の「Quiet Area」が勉強に最適☆

 

5階のエレベータを上がった左手奥、Quiet Areaがあります。直訳すると「静かにする場所」となり、本当に静かで誰もしゃべっていません。

ただし、寝ている人はセキュリティに起こされます、笑。

本当に真面目に、静かに勉強するエリアになっているので、TOEICの過去問を解く時に使っていました。

他のエリアは少しガヤガヤしていますが、ここならリスニングもしっかり聞けるし嫌でも2時間集中できます。勉強でなくても、集中したいことがあれば使用してみるといいかも!

 

各フロアにも魅力がいっぱい!

 

図書館は地下1階〜5階まであります。2階以降は会議室があり、予約すれば使用することができます。

内容
B1 幼児〜児童書、プレイエリア
1 インフォメーション、貸出・返却カウンター、新刊、新聞、各国の本、漫画・CD/DVDなど娯楽
2 教育、小説、エッセイや準新刊
3 経済、ビジネス、専門書
4 趣味、専門書、論文関係
5 Quite Area、印刷室、録音室

 

モザイクシティならでは!日本の本も普通に置いてある

バンクーバーは色々な人種の人が揃っている街として有名ですが、そのせいか図書館にもいろんな国の本が置いてあります。特に中国語の本は多いです。

日本は棚1列分だけ...でも人気の小説や有名どころは揃っていました。スペイン語や韓国語なんかの本も置いてあります。

しかもどの国もちゃんと子供から大人まで楽しめるように絵本や図鑑、経済書も揃っていました。すごい!

 

注意点:ホームレスが多い

 

ここまで図書館の魅力についてお話ししてきましたが、最後に注意点をお話しします。

図書館の周りは本当にホームレスが多いです。図書館の中にもいます。入り口にも各階にもセキュリティはいますが、見た目だけで判断しにくい人もいます。

少し席を立つだけでも、絶対に荷物は全て持って離れましょう!盗難に合う可能性がかなり高いです。幸い私は1度もあいませんでしが、友達は貴重品だけ持って席を立ったところカバンがなくなっていました。勉強道具や本が入っていたのでかなりショックを受けていました。日本と同じ感覚でいるとすぐに取られると思ってください。

ちょっと寝ている間に、机の上に置いてあった携帯がなくなっていることもザラにあります。

 

それでも、全てを持って席を立つのは大変ですよね。ましてや勉強しにきていれば、勉強道具で重たいかもしれません。

そういう時は、向かいの席の人や隣の人に「荷物見て置いてくれない?」と声をかけるだけで防げます(その人が盗んでたら困るけど)。

でも、ローカルの人から同じように「荷物見といて」と言われることもかなりあります。

みんなが使っている盗難を防ぐ方法なので、ぜひ「Could you keep an eye on my luggage ?」使ってみてください!

 

まとめ

<Vancouver Public Library(バンクーバー市立図書館中央図書館)>
場所:350 W Georgia St, Vancouver, BC V6B 6B1 カナダ
時間:火曜日、木曜日    :13時〜20時
   水曜日、金曜日、土曜日:11時〜18時
定休日:日曜日、月曜日
(営業時間、定休日はコロナウイルスの影響で記載の時間になっています)
ウェブサイト:http://www.vpl.ca/

 

アカウント:M's Featureで、私が一番行ったダウンタウンの店舗のレビューをしています。もし役に立った!と思ったら、レビューに「いいね」ボタンを押して頂けると励みにもなって嬉しいです。 Googleマップの中で”Vancouver ワーホリ・留学情報(life)”にも入れてあります。そちらも是非ご活用ください!

 

それではまた、Ciao!

-カナダ, カナダワーキングホリデー, バンクーバー, バンクーバー生活
-

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5