カナダワーキングホリデー バンクーバー生活

【バンクーバーで家探し】ポイントはタイミングとスピード!

みなさんこんにちは、Minamiです。

今回はバンクーバーで2回の引っ越しをした経験から、私の家探しの極意をシェアします。

この方法はバンクーバーだけに限らず、どこの国でも通用すると思います。まず、私の合計2回のお引越しはこんな感じ。

 

ホームステイ後2回引っ越しをしていますが、どちらもアクセスも良く好立地でした。

さらに英語力ほぼゼロにも関わらず、レントの値下げ交渉までやったなんて我ながら今思うと自分で褒めてあげたい。笑

そんな私のような英語力がなくてもレント交渉ができる方法はこちら↓から(もちろん英語が得意な人はチャレンジしてみる価値あり)!

【ワーホリで交渉力を上げる】レント(家賃)の値下げ交渉をしてみよう!

 

それでは誰でもできる「妥協しない家探し」の成功のステップをみて行きましょう!

 

 

 

家探しの極意:下準備 どんな家に住みたいかを明確にする

 

家を探す最初の一歩はまずその情報をつかみに行く事!そしてこれがその1にして一番大切です。

カナダで使用できるサイトや必要用語はこちらの記事にまとめました↓。

【バンクーバーで家探し】ネットで探す基本引っ越し英語用語

 

家探しの下準備はまずサイトに載っている、良いな・気になるなと思った物件は全て目を通すことです。

そのなかでも気に入ったものはスクショなどしてメモを残します。

この時のポイントは、あくまでも決定打になるものがないけど、良いなと思えるポイントがある物件である事です。

例えば、レントは予算内だけどアクセスは良くない、レントもいいし、ユーティリティも充実しているけど、写真で見る限り部屋が狭そうなど。そうして何件も見て行くと、「どういう条件を選んでいるのか」という傾向がわかるようになります。

日本とは勝手が違うので、何からしたらいか分からないという人はまずここから!

 

家探しの極意:その1 サイトは徹底的にチェックせよ!

自分の住みたい家の条件がわかったら、いよいよ家探しスタート!この極意その1「サイトを徹底的にチェックする」こそ最大のポイントでです。

 

見合う条件の物が現れるまで、1数時間ごとにチェックせよ!

 

これこそ私が部屋探しに成功したコツです!もうこの項目さえやっていれば妥協しない”自分の求めてた”家にたどり着けます※住めるわけではなく、たどり着けるだけ

自分が見ている全てのサイトでチェックしてください。(個人的にカナダの場合はJPカナダとクレイグリストで十分!) 

 

サイト閲覧で注意したいのが、「最新情報は常に投稿時間が新しいもの」になっている事です。

スレッドが毎日のように上がるので、せっかく載せた物件の情報が下の方になるとユーザーに見てもらえなくなります。投稿主はその対策のために自分の投稿のコメントに「up」などとつけて、スレッドの上位に表示されるように更新します。

ちゃんとした質問で投稿が上に上がってきているのなら良いのですが、広告主が意図的に再度アップしている投稿はあまりオススメしません。なぜならそもそも、売れ残っているからです。

なので掲載から1週間以内だったらまだ見学に行く価値ありですが、それ以降の情報は無視します。

 

家探しの極意:その2 スピードが命、速攻アポ入れ作戦!

新しい物件が上がってきて、自分の住みたい条件と一致していたらスピードが命!このために1時間ごとにサイトをチェックしているようなものです。

すでに下準備で自分が住みたい家の条件は固まっているので、その条件に一致した最新情報には確実に見学アポイントを取理に行きます。

この自分の条件にあった物件が上がって来るまでの期間が短ければ家探しも短期間で終わります。

人が出て行くタイミングもあるので、究極を求めすぎると難しくなるかもしれませんが、ある程度の条件であれば1ヶ月以内に見つかるはずです。ちなみに私の条件はこちら。

  • 1ZONE圏内であること(バンクーバーはエリアごとに定期の金額が変わります)
  • スカイトレインか、バス1本でダウンタウンまで行けること
  • 500ドル台の家

 

基本的にスーパーや生活関係は気にしていませんでした。買い物は毎回重かったけど、アクセスがよければそこまで苦でもないです。

自分なりの譲れない条件と、譲れる条件を見極めて、譲れない条件に当てはまった最新情報の物件があれば、必ず即アポイントの約束を取り付けること!!!オーナーや代理人の人のスケジュールもあると思いますが、最短のアポを取るようにしてください。この時ばかりはスケジュールを家探しが最優先!最優先!最優先〜〜〜!

 

なぜなら、基本的に家探しは先着順だからです。だからこそこまめに最新情報をチェックして、一番最初にアポイントを入れることが大切です。

家探しを最短で、しかも好条件のところに住むためにはこの「速攻アポ入れ作戦」が欠かせません。せっかくいい家を見つけても、アポイント先に取った人が家を気に入って即決したら終わりです。

その人以降のアポイントは全てキャンセルされます。

ただし、見学のアポイントを急がなくてもいい案件もあります。それはオーナーの中には、”一緒に住む人を自分で決めたい”という人もいるからです。

ルームメイトになる人は気の合う人がいいという場合は、オーナーが見学に来た人の中から選びます。

この場合は急いでアポを取らなくてもいいし、そのオーナーと気が合うか等が重要になるので、見学の時にこちらから即決することはできません。

 

家探しの極意:その3 見学に行ったら即決せよ!

実際に見学してみて、よかったら即決!思ったのと違ったなら断って次の家探しに移れば大丈夫です。

中々即決できない人もいるかもしれませんが、慣れない環境で家探しをするのは本当に大変です。

ましてやせっかくいい家を見つけたのに即決しないで、結局妥協した家に住むことになったら「やっぱりあそこに決めておけばよかった」と後悔することも・・・。

 

そうならないためにも、最短期間で条件の揃った家に住める「妥協しない家探し」の即決方法があります!

それは下準備でいくつか見ていた「決定打にはかけるけど、少しいいな」と思っていた家を見に行くこと!本命のアポの前に見に行ける家があれば見ておいた方がいいです。

すでに何回か引っ越しを経験している人はいいかもしれませんが、初めての家探しの人は一番に本命の家に行くのはやめた方がいいです(ここまで色々言っときながら何ですが)

 

本命の家に行くと自分の中で基準がないので、最初見た家が基準になってしまいます。

そうなると条件がせっかく合っていても、本命の家が基準になってしまいハードルが上がり過ぎてしまいます。

レントの縛りがなければそれでもいいかもしれませんが、多くの人は予算があるはずです。その予算内に収まる本命の家を基準にしないようにしてください!海外は完全に日本とは様式が違うので、切り離して見れるようになるためにもいくつか先に見ておくと安心です。

ホームステイをしていれば、ある程度様式がわかるかもしれませんが、そうでなければ本命物件が上がって来る前に時間をつくて見ておくと本命の家を見に行った時の決断が格段にしやすくなります。

 

その上で、条件に合っていても”オーナーとは気が合わなさそう”とか、キッチンが汚すぎるとか、実際に行って見ないと分からないこともあるので、思っていたのと違った場合は断るか保留するようにしましょう。

 

まとめ

こう見るとすごく大変に思えるかもしれませんが、とにかく本命の場所に行けることが大切です

 

アポイントを一番に取れなくても、自分より前に見た人が即決しない限りチャンスはあります。

私が最初に引っ越した家は先に別の人が見ていましたが、私が即決したのでその保留を断って、その後の見学のアポイントまで断ってくれました(私が即決したんだからそうなるか)

 

でも、本当に即決しないで「今日の夜返事しよう」と思ってその場を出ると、私のようにその場で即決した人に取られてしまいます。

だからこそ、ある程度自分の中で基準を作っておいてから見に行くようにしてください。そうすれば、即決できます!そして印象も大切です。即決を受けてくれるにしろ、値段交渉にしろ、印象が悪かったら後からいくらでもオーナーは変更できます。

お互いが気持ち良く取引して住めるように、住む前からの関係性は良好に保っておきましょう!

 

皆さんの家探しがうまくいきますように!

それではまた!Ciao!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

-カナダワーキングホリデー, バンクーバー生活

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5