カナダワーキングホリデー バンクーバー生活

部屋探しカナダ・バンクーバー【内見時に気をつけて見るポイント】

みなさんこんにちは、Minamiです。

「家探しについて内見で気をつけて見た方がいいポイントは何ですか?」という質問を頂いたので、今回はそれについてお答えしたいと思います!

また、私が内見にいく時に持っていたアイテムについても紹介します。

 

 

 

内見に持っていた方がいいもの

  • デポジット(手付金)
  • スリッパ(靴下か汗拭きシートでもOK)

 

まずデポジットは払えるくらいのお金は持っていた方がいいです。キャッシュで家賃の半額〜1ヶ月分くらいです。

サイトの情報にデポジット金額が書いてあるはずなので、不足しないように準備してGO!

 

あとはスリッパ!要らないといえばそれまでなのですが、スリッパか靴下、汗拭きシートのうち、どれかは持って行った方がいいです。

なぜなら意外と汚いから!土足の家ならそのまま上がれるのでいいのですが、靴を脱ぐ場合は日本と違って玄関のエリアが曖昧なため入り口付近は結構汚れていることも多いです。

いいんですよ、住人さんたちは自分のスリッパあるし実際に住んだら自分の部屋以外はそんな気にならないです。

日本の場合は、内見の時は代理店の人がスリッパを持って用意してくれますが、それはありません。セルフです。私はサンダルで行って、靴下を履いて上がっていました、笑。

 

 

土足OKの家か、靴を脱ぐ家かをチェック!

上記を踏まえて土足が嫌な方は内見でしっかりチェックしましょう。

また土足の場合、シューズクロークが全然ないこともあります。

部屋に持っていかなくてはならないので、部屋の収納にも注意が必要です。そのスペースがしっかりあるかどうかも見ましょう!

ただ、基本的にワーホリや留学をしている人は靴自体を5足くらいで回している印象でした。なのでそこまで大きなスペースは必要ないかもしれませんが、靴を多く持っていく人は気にするようにしましょう。

(私は「みんなそれで足りる?」って思っていましたが、日本じゃないのでヒールとかあまり要らないし、意外と足りました!笑)

 

内見に行ったら確認したい、見逃し厳禁ポイント!

水周りが綺麗かどうか

  • 共有の場合は、ある程度広さがあるかどうか確認
  • シャンプーなど洗面用具を置く場所があるか(ある場合は清潔感もチェック)
  • トイレットペーパーなどのユーティリティはどうなっているか
  • 使用時間のに制限があるかどうか

 

 海外は日本と違ってウォシュレットもないし、バストイレは一緒です。だからこそ、広さはある程度あるか?綺麗に使用されているかどうか見ましょう。また、洗面用品の置き場所の確認をしてください!お風呂場に置きっ放しの家はそこが綺麗かどうかよく見ましょう。オウンバスならまだいいですが、全員共有の場合は毎度シャワーを浴びるときに持っていくのがいいと思います。特に泡だてネットとか置いておけないです( ; ; )タオルなども自分で毎回持っていくのがいいと思います。

 

 よくあるのが、トイレットペーパーは各自で用意するというものです。その場合はそれをきちんと置ける場所があるかを確認します。ルームメイトにもよりますが、大体”誰が使った、使ってない”の問題が発生するので、トイレットペーパーがユーティリティに含まれていない場合は置き場所もよく確認してください!

 

 またお風呂も基本的にはシャワーしかなく、時間制限があります。15分以内としていることも少なくないので、その辺もよく確認してください。この情報はあまりサイトに載せていないので、内見に行った時に確認するのがベスト!

 

キッチン周りが充実しているか

  • 食器が揃っているか
  • 調理器具は充実しているか
  • 冷蔵庫のスペースの割り振りがきちんんとされていて、綺麗かどうか
  • 調味料や、洗剤などの私物を置いて置けるスペースがあるか

 

この4点はマストでチェック!

調理器具や食器は基本的に共有です。食器に関しては数が少ないと別のルームメイトが使用していて、料理しても移す場所がなくて困ってしまいます。

食器はある程度揃っていること、調理器具も整っていることを確認します。

 

また、冷蔵庫も共有なので、スペースが割り振られています。

意外とした方がいいのは冷蔵庫チェック!中が綺麗かどうか見れるだけでなく、どんな人がルームメイトになるのかちょっと想像できます(^ ^)。

 

自分の調味料などを置いておく場所もしっかり確認した方がいいです。

また、洗剤とスポンジも各自で準備することが多いので、キッチンスペースにそれを置くことができるかどうかも見ておくと安心。

 

洗濯機、乾燥機があるかどうか

物件サイトに”洗濯機あり”と書いてあっても、乾燥機がないこともあります。また、洗濯機自体が家にないこともあります。

その場合はコインランドリーに行かなくてはなりません。その場合はコインランドリーはどこに行けばいいのかもオーナーさんに確認しましょう。

乾燥機がない場合は、洗濯物を部屋で干せるようにしないといけないので無駄な出費がかさむ可能性もあります。

前の住人が物干しラックやハンガーなど残していってくれればいいですが、なければ購入しなくてはいけません。なので、この辺も要チェックです!

 

 

隙間がないかチェック(害虫関係)

コンドであれば問題ありませんが、一軒家のベースメントや部屋に住む場合はしっかりチェックしてください!

なぜなら、日本と違って地震がない国は築年数がかなり行っている家もあるからです。隙間ができていたり、そもそも家が古いのでクモが多かったりまします。私が住んだ家は2軒とも一軒家だったのですが、両方ともとにかくクモが多かったです。

あとシルバーフィッシュという虫!悪い虫ではないらしいですが、しょっちゅう見たので本当に嫌になりました・・・。

 

 

 

あと、古い家は隙間がとにかく多いです。

ドアに対してドア枠が大きすぎていたり、窓枠の下が空いていて土が見えていることもありました。これ、私が最初に住んだ家が該当しているんですけど、本当にもっとチェックすればよかったと思いました。

ムカデが普通に出た時はどうしようかと思いました( ; ; )殺したけど

内見に行ったら部屋の隅々までチェックしてください!

 

ルームメイトになる人はどんな人か?

実際に住み始めたら、一緒に生活をするのことになるので、どんな人が住んでいるのかも確認しましょう!

日本人がルームメイトの時もありますが、大体は色々な種の人が住んでいるので文化も入り混じっています。宗教の問題もあったりするので、部屋のことだけでなくルームメイトのことも聞いておくと安心です。

 

内見に行った時に他の住人がいれば紹介してもらえるので、実際に住んでいる感想など聞くと違った視点から物件が見れたりします。

もし内見に行ったときにいれば、会っておく方がいいと思います。

 

 

まとめ

以上からもわかるように、日本の内見と同じ感覚でさら〜っと見るのは危険です。

住んでいる人もいるのでリアルな生活感が出る共有エリアの水周りやキッチンこそしっかり確認してください!そしてその共有エリアにきちんと自分のものを置けるスペースがあるかどうかも確認しましょう。

 

ルームメイトになる人が日本人やアジア人であればよっぽど横取りされたりすることはありませんが、どんな国の人でも「そこにあるから使った」という感じの人がいます。

ユーティリティとしてトイレットペーパやティッシュがオーナーから支給されればいいですが、あまり多くはないのでどんな人と住むのかも意外と重要です。

 

私の場合、英語環境にするために何軒も見ましたが、やっぱり家は落ち着くところがいい!と思いルームメイトは全員日本人のところに住みました。

仕事に関しては英語環境にしていたので、家に関してはそれでよかったなと思います。

 

生活スペースはやっぱり大事なので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

以上、内見時に気をつけて見たいポイントでした!

それではまた、Ciao!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

-カナダワーキングホリデー, バンクーバー生活

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5