About me カナダワーキングホリデー モチベーション

【人生の転機】ワーキングホリデーが自分を変えた!

みなさんこんにちは、Minamiです。

私がMapper (マッパー)として活動したい理由・バックグラウンドをお話ししましたが、今回はそのMapperの活動を見つけるきっかけにもなった「人生の転機”ワーキングホリデー”」について!(以前の記事はこちら↓)

【人生好きなことをしよう】どうしてMapperとして活動したいの?

続きを見る

色々な人のブログやサイトを見たりしていると「ワーホリに行って後悔した」とか、「失敗したとか」色々な記事がありますが、今になって私はここが人生の転機だったなとしみじみ感じています。もし、行くことに迷っていたり、ワーホリでなくても留学やインターンを迷っている人がいたら、参考にしてもらえると嬉しいです!

そんなわけで、熱く語っちゃっいます(*‘∀‘)

 

 

 

今までの自分を振り返ってみる”誰よりも自分に負けていた私”

比較的やりたいことはやれてきた方ではあると思うので、見る角度からはキラキラした人生を歩んでいたかもしれません。

でも自分の中で私はいつも誰かと比べていた気がします。というか、自分の理想と現実を比べていました。そのギャップの埋め方がわからず、モチベーションが上がらなかったことで「やりたいことはやれてきた」という中途半端な状態で全てが終わっていました。当時は認めたくなかったけど、完全に自分自身に負けていました。
そして見事に中途半端に終わった私の夢たちを紹介しましょう!

 

ラッキーだった私の夢や目標。

モデルになってパリコレに出ること
◇ 大好きなダンスをすること
◇ 海外に行って英語を話せるようになること
◇ 自分の会社を作ってみたい

 

これら4つは、私が小学生から中学生の間に持っていた夢です。

そして運よく私はモデルにもなれたし、ダンスをすることも、海外へ行って英語を話すこともできるようになりました。会社を作ってみたいという話も、雇われで経営することができました。

もちろん自分自身が強く願っていたので、努力して行動した部分もありますが、本当に強かったのはタイミングと運が良かったことです。

2013年に使用していたモデルの宣材写真と、中学卒業文集の寄せ書き。かなりギャル路線ですね・・・

 

勘違いしていた、自力と他力。

ここでの大きな私の間違いは、タイミングと運で叶った夢を自分の力だと勘違いしていたことです。

モデルになりたいと親に言い出せずにいましたが、運よくスカウトされたからなれました。

ダンスだってずっとやりたかったのにレッスンに行ってみたいと言い出せませんでした(貧乏な方だし、レッスン場所まで遠かった)。高校生になってアルバイトでお金ができても自ら行くことはなく、大学に入ってやっとサークルがあったから始めたくらいです。

会社経営も、知合い伝手でした。

 

そしてこれらがどうして中途半端になったのか原因を何か考えた時、どれも完全に自力で掴み取ったわけではなく、他人任せで受け身だったことに気づきました。もちろんやりたかったことなので、どれも頑張って取り組みましたが”人に言われてやったこと”という感覚が抜けずに、モチベーションを保つのが難しかったと今は思います。

結果、私はいつも何か理由をつけて辞めていました。

 

小学生の頃から夢だったモデルの仕事を掴んだのに先が見えないと辞めたり、ずっとやりたかったダンスをやっと始めたのにモデルの仕事が忙しくなったことを言い訳に続けなかったり、英語が好きなはずなのに先生が嫌いという理由で勉強しなかったり。

自分で会社を起こしていみたいと思いながらも、何がしたいのか分からないので就職したり・・・

 

ただ、どれも中途半端だなと思った中でも唯一これだけはよくやったなと思ったことがありました。

それはワーキングホリデーに行ったことです。

 

ワーキングホリデーが私の人生を変えた

唯一頑張ったと言えることはワーホリに行く準備期間だった。

なぜ私がワーキングホリデーに行ったかというと、”英語を話せるようになりたい”という目標以上に、当時の”自分自身を、そして環境を変えたかったから”です。

その結果、親元を離れて一人暮らしをする、環境をガラッと変えるために東京に行くと行った選択ではなく、ワーキングホリデーに行くという決断をしました。このために約1年半かけて300万円以上の貯金をしてカナダへ渡航しました。

今でもよくこんなお金作れたなと思いますが、その時はワーホリに行くという自分の目標に向かって頑張っていたことが楽しかったんです。これは唯一、自分で掴み取って叶えた目標でした。この時分かったのは大きく3つあります。

  1. 一歩踏み出して行動してしまえば、後はついてくる
  2. 小さく公言するのではく、大きく公言してしまえばやらざるを得なくなる
  3. 全力で取り組めば、どんなに辛いことがあっても楽しめる

好きなことなら辛くても続けられると言いますが、それはそこに楽しみもあるということを分かっているからだと思います。

でもワーキングホリデーには好きも嫌いもないと思います。

なぜ、目標に向かう努力が楽しかったのかというと、大きく公言することで、周りの応援の声が自分にも聞こえて、モチベーションに繋がったからです。そしてその監視の目があると取り組まなければなりません。

それが結果的に全力で取り組めた理由です。

2015年7月:たまたま歩いていたら、人の夢を集めて写真をとっているお姉さんに遭遇。この後2016年の3月に出発しました。

 

自分を変える努力をしたら、周りが変わった

ワーホリに行くと決めたことを両親に話をした時のことをよく覚えています。なぜなら今までの夢は両親には大きく言えなかったからです。

我が家は本当に貧乏だし、モデルなんて夢のまた夢、ダンスに行くお金はない、と我慢していた為、自ら言い出し辛い状況でした。でも、ワーホリは違いました。

自分で資金を作り、どうやったらいけるかをプレゼンしたら簡単に「いいんじゃない?英語好きだったし、海外行きたいって言ってたもんね」とあっさり快諾してくれました。

 

正直拍子抜けしました。止められると思っていたのに、あまりにすんなり話が進んで、大丈夫なのかと思いました( ゚д゚)。

これまで、両親にはチラッと夢ややってみたい事の話をするくらいで、友人たちにもあまり何がしたいのか大きくは話してきませんでした。

でも、勇気を出して言ってみたら”応援してくれる人がいる”と気付きました。それからというもの、本気でワーホリ貯金を始め、出発日を決め、全てのスケジュールを逆算し、どうやったらクリアできるか?ということにフォーカスして行動できるようになりました。

その行動力はワーホリ期間中だけでなく、帰国後の就職活動にも大いに役立ちました。

 

ワーホリから帰国して就職。私が学んだ「宣言すること、自ら行動し続けることの大切さ」

正直、ワーホリ後の転職活動は何度も諦めたくなりました。英語を使う仕事に就くと言っても、英語力のレベルがあるからです。

渡航当時の私の英語力は赤点を取るくらい全く理解していなかったし、帰国後受けたTOEICのスコアは550点でした。

550点というと大学の学部によっては就職にはもう少し欲しいくらいの英語力です。それでも英語面接をクリアし、ほぼ毎日英語でのやり取りがある今の仕事を手にできたのは最後に通った英会話学校で「英語に関わる仕事に就く」と言ったからです。

入社して2年でLAに行くと決めたことも、公言したらあっという間に自分の行動は付いてきました。

 

これらの経験から、自分から行動し情報を発信する影響力を知りました。

受け身でいるのか、自ら動くのかで、得るものは大きく違ってきます。そして自分の環境を変えるため、英語を喋るようになるために、自ら行動してワーホリに行ったからこそ「英語を使った仕事に就く」という新たな次の目標を立てることができました。

もしこの経験がなければ、自分の気持ちに蓋をして仕事を順調にこなし、これからMapperとして活動していこうとも思わず、「やっぱり本気でチャレンジしてみればよかった」と後悔していたかもしれません。その後悔が見えたのはワーホリと今の仕事を本気でやったからです。

だからこそ、そんな後悔の気持ちを抱えるくらいなら、行動を変えたいと思いました。

 

だから今、私は自分で人生を切り開きたい。

何事も本気でやれば変わります。ただ、あまり大きな遠回りをしていられるほど人生も長くない。だったらすぐにでもやれることから始めたい!それが私にとってはMapperでした。

これに気づけたワーキングホリデーの経験は本当に財産です。

私が思うにワーキングホリデーが30歳までに設定されている理由も、若者に”経験と言う財産”を海外環境で作って欲しいとされているから各国で結ばれているのかなと思います。

もし、ワーキングホリデーに行くか悩んでいる人がいたら、この記事を読んで行動してくれるととても嬉しいです。

もしかしたら既にワーホリに行って後悔している人もいるかもしれません。でも、行くだけでも大きな行動を起こしているんです。それを忘れないでください!

 以上、私の人生の転機についてお話ししました!長くて真面目な記事を最後まで読んでくださりありがとうございました。

それではまた、Chao!

 

アナウンス

Googleローカルガイドアカウント:M’s Featureで、お気に入りのお店や場所をマッピングしています!ぜひ役に立った口コミや写真があったら「いいね」ボタンをお願いします(^ ^) リストアップもしているのでそちらも活用して頂けると幸いです!



にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

-About me, カナダワーキングホリデー, モチベーション

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5