Googleローカルガイド Mapper

マッパーって何?具体的なローカルガイドとの違いはあるの?

2020年4月30日

ローカルガイドも全然知らない言葉だけど、「マッパー」って何なの?

 

こんにちは。南美です 🙂

 

 

私が頑張って取り組んでいるGoogleローカルガイドの活動。

これをさらに広げられるよう、「マッパー」第一人者としての役割を担いたいと思っています。

そんな「マッパー」って何?

そもそも「ローカルガイド」って何?違いはあるの?という人も多いと思います。

今回はそんな疑問点と、マッパーの将来性についてシェアします 😉

 

 

 

Mapper(マッパー)って何?

マッパーとは、地図(マップ)上に自分の訪れた場所を記録(マッピング)、その情報公開し、インフルエンサー的役割がある人のことである。

地図上にマッパー自身が撮った写真、正確な店情報、個人的な店の評価などを記録することにより他者がよりその場所を訪れやすくする働きを持つ。

現状の使用地図はGoogleMAPであり、プロのローカルガイドとしての投稿が求められる。

 

 

初めてこの言葉を聞く人もいるかもしれませんが、それもそのはず。

なぜなら、私がマッパー第一人者だからです!

 

ちなみにネットで「マッパー」を調べると

O/Rマッパーとは、オブジェクトとデータベースの間の関係を定義するだけで、 データベースアクセスがおこなえるシステムです。

 

出典:IT用語辞典

 

英語検索「Mapper」で調べると

One who produces a map.
(video games) A designer of levels for video games.
(computing, electronics) A software or hardware component that performs a mapping.

翻訳:地図を作成する人。
(ビデオゲーム)ビデオゲームのレベルの設計者。
(コンピューティング、電子機器)マッピングを実行するソフトウェアまたはハードウェアコンポーネント。

 

出典:Wiktonary

 

上記のような意味でも出てくるので既に存在する言葉ではありますが

私が定義するマッパーとは

地図上に自分の行った場所を記録(マッピング)し、公開した情報が他に影響を及ぼす人を指します。

 

現在、グーグルマップではその働きを「ローカルガイド」というサービスでGoogleMAPユーザーが情報を公開しています。

ローカルガイドになると、マップ上への投稿はもちろん気に入った投稿をしている人をフォローしたり、インスタのように写真や口コミに「いいね」を押すことができます。

マッパーとはそのローカルガイドの中の、ローカルガイド=プロのマップ利用者であり、新しいインフルエンサーの形でもあります。

 

 

マッパーとローカルガイドの違い

結論から言うと、2つに大きな違いはありません

スパッツを「レギンス」、股引を「ステテコ」と言うように、ローカルガイドもカッコよくなると「マッパー」と言うんだと思ってもらえれば大丈夫です。('ω')ノ

 

「Mapper」は具体的になにをするの?

2つに大きな違いが無いのなら、わざわざ「マッパー」と言わなくても「ローカルガイド」という言葉で事足りる、と思うかもしれません。

 

確かにMapperの活動は、基本的にGoogleのローカルガイドと同じです。

 

 

え?じゃあ何が違うの?

 

大きく違うことは、ローカルガイドはその名の通り、ローカル(ベース地位)に特化した人が多いのに対し、マッパーは対応フィールドが世界中に広がります。

世界中の行った場所をマッピングしてレビューしているか、それとも地元に特化しているかという違いになります。

 

と、カッコいいこと言ってみましたが!そんなことしている人は実は世界中に沢山います\(◎o◎)/!

 

地元に特化していても、素晴らしいレビューと写真をいっぱい上げている人もいます。

 

ただ、同じスパッツとレギンスでも、股引とステテコでも、お洒落でカッコよく決めていたらスパッツではなく「レギンス」や「ステテコ」と言いたくなるように、「マッパー」もプロのローカルガイドとしてのカッコよさが必要だと考えています。

 

 

マッパーの将来性は?→可能性大!

私は今後、このローカルガイドという機能が急速に伸びるし、グーグルマップでのネット対応がとても大切だと思っています。

つまり、マッパーという職業が「インフルエンサーと同じ力を発揮する」とても将来性のあるものだと考えています。

 

「今日は美味しいケーキを買って帰りたいな~」と思ったり「緊急で病院に行きたい」と思った時

GPSが発達した今日は、現在地から近くていいお店を検索します。

もしくは、SNSを通して知っていたオシャレなお店に行ってみようと思った時には

インターネット検索ではなく真っ先に地図に飛びます。

 

そうなると、グーグルマップにいかに力を入れているかが大切になります。

 

お店の企業努力はもちろんですが、そこに載っている口コミや写真が直接集客につながります。

もちろん、いい評価が書いてある口コミが沢山ある方が良いです。

 

それを高クオリティで沢山アップしている人は信頼性が生まれます。

「その人が紹介しているお店ならよさそうだ!」とインフルエンサーと同じ働きが出来るようになります。


だからこそ、私はこの活動に将来性を見出しているし、プロのローカルガイドとして「マッパー」になりたいと思っています。

 

 

最後に:マッパー第一人者としてGoogle マップで思いっきり遊ぶ

日本ではまだこの「ローカルガイド」という機能が全然普及していません。

こんなにGoogleが色々な機能を載せてくれているのに認知度が低いなんて勿体無すぎるだろーーーーーー!!!!

私がマッパーという大きな役割を担おうじゃないか!と思い立って、この活動をすることにしました(グーグルの思うツボ)。

 

今後どこまで発展するかは分かりませんが、インスタと同じように視覚的に情報を取り入れることができるだけでなく、そのまま行きたいところをピン留もできるので、活用は他のSNSよりずっと広がると私は見込んでいます。

 

それを証明するためにも、自分が先駆けてやっていけたら面白いなと思っています!

 

グーグルマップのアカウントはもちろん、このブログにも遊びに来てもらえると嬉しいです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

 

 

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

Google Map
ブランディング
コンサル

お店の魅力を世界中に無料でアピール! マイビジネスの活用相談受付はこちら

お問い合わせ


それではまた、Ciao! 😉
Minami

 

 

0

Sponsor Link

-Googleローカルガイド, Mapper

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5