Mapper カナダ バンクーバー 観光情報

【バンクーバー・イェールタウン】無料見学できる蒸気機関車

https://msfeature.com

みなさんこんにちは、Minamiです。

今回は地元民に愛されるオシャレなエリア、Yaletown(イェールタウン)にある「Engine 374 Pavilion(エンジン374パビリオン)」をフィーチャー!

スカイトレインのCanada Line / Yaletown-Roundhouseからも見えるほど大きな蒸気機関車が展示されており、レンガが目を引く建物の中に入っています。

 

電車好きじゃなくても展示されている蒸気機関車はカッコイイのでぜひ見てほしいです。

しかも無料で入れるのも嬉しい(^^♪

 

そもそもイェールタウンってどこ?

イェールタウンはダウンタウンの南東に位置する、Homer St.とSmithe St.の内側〜港辺りまでを指します。スカイトレインのCanada Line / Yaletown-Roundhouse駅も通っているので比較的わかりやすいはず。

建物と路地がレンガ調になっているので、エリアとしても外れるとすぐにわかります。

ちなみにイェールタウンには、ちょっと敷居の高いレストランからカジュアルなレストランまで色々な料理ジャンルのレストランが揃っています。

また、ブティックや雑貨屋もオシャレ!センスの光るセレクトショップが沢山あるのでお気に入りの店舗がきっとあるはず。季節によってパレードをやったり、出店が出たり、いつ行っても違う表情を見せてくれるモードなエリアです。

カフェも沢山あるのでカフェ好きさんも必見!

 

実は歴史ある倉庫街を改装した再改発エリア

今でこそオシャレな街になっているイェールタウンですが、実は元は倉庫街だった場所です。

今でもレンガ造りの建物がその名残を感じさせながらも、新旧が入り混じったモダンな世界観を出しています。今ではギャスタウンとは違った、大人のオシャレな街といった感じです。素敵。

そんなお洒落なエリアはレストランだけではなく、ブティックやショップが並ぶ地区でもあります。

セレブご用達のホテルがあったり(バンクーバーは映画撮影も多いからね!)、歩いている人たちもどことなくスタイリッシュです。

なんかイエールタウンに行く時はレンガ畳で歩いにくいけどヒールで行かなきゃ!とか、ドレスアップしなきゃ!とちょっと思う雰囲気です。

東京の銀座とか表参道に行くみたいな気分かな(東京に住んでないから知らないけど、笑。名古屋だと高岳のレストランに行くような感覚!たぶん)。海沿いには高級&高層コンドミニアムが立ち並んでいます。

そしてこの今度にもセレブたちが住んでおります〜。きゃ〜!だから歩いている人たちもスタイリッシュなのかも。

 

Engine 374 Pavilion 無料の博物館にいってみよう!

画像:http://roundhouse.ca/about-us/engine-374/

実はこの「Engine 374 Pavilion」が入っているのはRoundhouseという施設の中。ここでは老若男女が使えるサービスやイベントが頻繁に行われています。アートギャラリーやレンタルスタジオなどがあり、ヨガレッスンやダンスレッスン、語学のレッスンを受けることができる施設。イェールタウンの歴史を学ぶこともできます。

 そんな施設に展示されている「Engine 374(エンジン374)」は、初めて大陸横断旅客列車をバンクーバーに引き込み、発展に大きく貢献した蒸気機関車です。50年以上の活躍の後、エンジン374は引退しました。最初は多くの人が見て、触れ、子供達が遊ぶためにキツラノ公園に設置されましたが、潮風と季節の移り変わりに大きな影響を受けました。その後、1983年に多くの献身的な市民が「エンジンを以前の栄光に戻す」という意思の元、プロジェクトを立ち上げ、現在の姿とパビリオンが完成しました。

 このパビリオンの魅力は何と言っても、直接蒸気機関車に触れること!普通に乗車でき、運転台に乗って汽笛を鳴らすこともできます。子供向けのイベントもかなり多く行っています。無料で毎日解放しているのでちょっとした時に寄ることができます。

Engine 374 Pavilion まとめ

 ここまでパビリオンのオススメをしてきましたが、私・・・実は行ってないんです〜。2年間もバンクーバーにいたのに、イェールタウンにも数え切れないほど行っているのに、なんと一度もパビリオンに入っていません。同じ建物(Roundhouse)にあるスタジオにはよく行ってヨガやっていたにもかかわらず!なんということでしょう。

 ガラス張りになっているので外からでも十分蒸気機関車を見ることができるのでそれで満足していたんですね〜。そして無料で入れるなんて知らなかった・・・。もっと早く知っていれば絶対に行ったのに!

 ということがあったので、この記事を見たみなさんには是非行ってもらいたいです。電車好きな人なら尚更楽しめると思います(^ ^) 

<Engine 374 Pavilion(エンジン374パビリオン)>
場所:181 Roundhouse Mews, Vancouver, BC V6Z 2W3
時間:Everyday、10時〜16時
ウェブサイト:http://roundhouse.ca/about-us/engine-374/

スカイトレインのCanada Line / Yaletown-Roundhouse駅からすぐ。駅の出入口の正面の道路を横断すれば到着します。駅から蒸気機関車がすぐに見えるのでわかりやすいと思います。またバスはデイビーストリートを横断している6番が一番いいアクセスですが、グランビルなどの中心地から向かう場合は10番、16番などのグランビルストリートを通るバスの「Drake St」駅で降りて歩くと行けます。ただ、中心からの場合はスカトレの方が利便性があります◎

 本当に色々なお店があるので、散策も楽しいエリアです。レストランも沢山あるので、ぜひ気になったお店に行ってみてください!色々なお店をグーグルマップでレビューしているので、よかったら下の黄色のボックスからリンクがあるので飛んでみて参考にしてもらえると嬉しいです。

 ちなみにローカルが強いエリアではありますが、ワーホリの人もキッチンなどであれば働くことができます。英語環境が整っているので、ぜひチャレンジしてみてください。

Googleローカルガイドアカウント:M’s Featureで、オススメの場所やお店のレビューをしています。ぜひフォローもお願します(^ ^) リストアップもしているのでそちらも是非活用して役立てて頂けると幸いです!

それではまた、Ciao!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

Sponsor Link

-Mapper, カナダ, バンクーバー, 観光情報
-

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5