Mapper カナダ バンクーバー 観光情報

【バンクーバー・リンキャニオン】ダウンタウンから約1時間!無料の吊り橋

みなさんこんにちは、Minamiです。

皆さん「吊橋」ってもちろんご存じですよね?よく「吊橋効果」と言って恐怖からくるドキドキが恋愛のドキドキと勘違いしてしまうとか聞く、あの吊橋ですよ!

そんな「吊橋」がバンクーバーには2つあります!

今回紹介するのは「Lynn Canyon Suspension Bridge(リンキャニオン・サスペンションブリッジ)」。こちらはなんと無料で渡れる橋。

少し小さめですが高さ50メートルのところにあるし、スリルは十分です!1時間程度のハイキングコースもあって、バスで行くことができる気軽さも魅力。

それでは早速行き方からおすすめ情報までしっかり見ていきましょ~!

 

 

リンキャニオン公園の魅力、人の手を借りて作られた617エーカーの自然環境

「Lynn Canyon Suspension Bridge(リンキャニオン・サスペンションブリッジ)」は「Lynn Canyon Park(リンキャニオン公園)」の中にある吊橋です。1時間もかからないハイキングコースを歩いた先にあります。

そんな「リンキャニオン公園」は1912年に開園した公園。

最初は12エーカー(約5ヘクタール)、そこから現在の617エーカー(約250ヘクタール)の森まで成長した公園です。自分で書いておきながら想像つかないわ〜と感じたので、調べてみました( ´ ▽ ` )

「東京ドーム1つ分の大きさの森でしたが、今では東京ディズニーリゾート2.5こ分の広さにまで成長しました!」と言った感じです。

プーさんが100エーカーの森とか言ってるけど、それも冷静に考えれば東京ディズニーリゾート1こ分あるのね。広いわ。

 

そんなリンキャニオンパークは2020年現在でオープンから108年経つので、樹齢のほとんどは約80〜100年です。そう考えると森としては若いかもしれませんが、現在は自然が自然を構築しており、豊かな緑が生い茂っています。

 

実は私用の橋だった!現在は各ハイキングコースへ繋がる橋。

 

リンキャニオンパークのメイン!峡谷の50メートル上で揺れる吊り橋こそ、「Lynn Canyon Suspension Bridge」。

実はこれ、1912年に公園がオープンしたときに私的に建てられたものだそう。現在のリンキャニオンには様々な公園が隣接しており、そこへ行くための架け橋になっています。

またハイキングコースも何本かあり、橋を越えた先にも隣接する公園へのハイキングコースが敷かれているそうです。

ただトレイルコースと言っているので、通常の服装よりもトラッキングシューズやスポーツウェアを着て行くほうがいいかも。体力自慢、トレイル好きな方は難しいコースも挑戦して見てください!

 

手軽なハイキングコースで吊り橋まで行こう!

スニーカー、デニムで行けば十分に楽しめるハイキングコースももちろんあります。

「パークトレイル」コースなら上の写真のような整備された道を歩きながら自然を楽しめます。途中かなり急な坂などもあるので、全てこのような整備された道ではありませんが、ハイキングにはちょうどいいアドベンチャー具合でした!途中には休憩できるベンチが置いてあったり、石がまとめて置いてあったりします。

また、地元の人の散歩コースになっていたり、トレーニングコースにもなっているので、本当に色々な人がこのハイキングコースを利用しています。

なので夏場であれば多くの人がいる方について行けば吊り橋にたどり着けます。

吊り橋の途中には川遊びできるスポットもあります。みんな日光浴をしたり、川に入ったり、思い思いの時間を過ごしていてとても気持ち良さそうです。

ぜひ夏の暑い日に行ってください(^ ^)。川の水は本当に冷たくてびっくりします。笑

奥には滝もあって滝つぼまで泳いでいくことができます。飛び込みがしやすい小さな崖もあって、大人からちびっこまでたくさんの人が遊泳しています。

 

ダウンタウンからバスで行く場合、ルートは3つ!

<1>ライオンズゲートブリッジを通ってノースバンから行く方法

<2>バーナビーから行く方法

<3>シーバスからバスに乗り換える方法

※どの方法で行っても乗り換えは必要になります。

<1>ダウンタウンから出ている210番か240番に乗って終点まで行きます。そこから15分ほど歩いて公園まで行くか、小さなローカルバスの227番に乗り換えます。

<2>バーナビー、メトロタウンから向かう場合、バスでメトロタウン経由で130番、ジョイス駅経由で28番、ダウンタウンバンクーバー経由で210番に終点まで乗ります。
その後小さなローカル線のバス、227番に乗り換えると公園のエントランス前まで行けます。ただ、<1>でも書きましたが、小さいバスなので時間帯によっては本数も少ないので注意。

<3>ダウンタウンからシーバスでロンズデールキーのバスループまで行き、バス228番または229番を利用。

 

私の場合は往復とも<1>番の方法で行きました。2回行って、2回目は車。やっぱり車だと30分くらいで行けるのでとても便利です。

でもバスでも十分に近い距離なのでぜひ、時間などに合わせて行ってみてくださいね。

 

Lynn Canyon Suspension Bridge(リンキャニオン・サスペンションブリッジ)まとめ

吊り橋とハイキングついでに川遊びもできるリンキャニオンパーク。

年中無休で解放していますが、夜は危ないので暗くなる前に下るようにしましょう。

また、川は本当に水が冷たいので体を水の冷たさにしっかり慣らしてから行くようにしましょう!

私はそれで心臓がびっくりしてマジで硬直しました。怖かった・・・。川遊びをするときは水着とタオルをお忘れなく。


<Lynn Canyon Suspension Bridge>

場所:3690 Park Rd, North Vancouver, BC V7J 3K2
時間:常時解放
ホームページ:https://lynncanyon.ca/
トレイルコース:https://www.lynncanyonecologycentre.ca/park_trails.html

 

Googleローカルガイドアカウント:M’s Featureで、オススメの場所やお店のレビューをしています。ぜひフォローもお願します(^ ^) リストアップもしているのでそちらも是非活用して役立てて頂けると幸いです!

 

夏場は結構人がいるし、バスの運転手さんに聞いても教えてくれるので行きやすいと思います!

ぜひ行ってみてください(^ ^) それではまた、Ciao!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

-Mapper, カナダ, バンクーバー, 観光情報
-

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5