カナダワーキングホリデー 準備・Visaについて

【ホームステイの契約更新】をする時のポイントは?トラブル回避術!

みなさんこんにちは、Minamiです。

今回は前回に引き続き、ホームステイについてお話しします。

何かとトラブルも多いホームステイですが、当たりの家庭だと長く滞在したくもなるもの。もしホームステイを常時受け入れている家庭であなたが「良かった」と感じれば、延長を申し込むことができます。

私はあまりいい家庭ではありませんでしたが、家探しが遅れたので1週間延長しました。

その時のトラブルとそれを避けるための方法をフィーチャー!

参考【ワーホリ・留学のホームステイ事情】期待しない!申込むなら短期間!

続きを見る

 

 

ホームステイ先の延長滞在の仕方

エージェントによって方法がいくつかあると思いますが、私が使用したエージェントは自分でそのままホームステイ先に延長を申込むように言われました。

他にはエージェントに延長を申込むことでホームステイ先に連絡が行くこともあります。

 

私の場合は滞在初日から1週間を過ぎた時に、ホストマザーから部屋を探しているかどうか確認されました。

ビジネスホームステイの場合、間髪入れずに次の人を迎えたいのでホームステイ側のエージェントに連絡を入れる必要があるからだそうです。私はバンクーバーに着いてから1週間ちょっとで家探しをする余裕はなかったので、聞かれた時に更に2週間の延長をしました。

 

また、この延長のタイミングでホームステイ先を変更することもできます。

盗難などのトラブルの場合は即時変更が可能ですが、よっぽどのトラブルがない限りは2週間待ってからの移動になります。

エージェントによっては「変更は1回まで」など回数が決まっているところもあるので注意しましょう!

 

更新時のトラブル

  • ホームステイ先が契約延長になった/無更新になったことを知らない
  • 延長時の契約に相違がある
  • 変更先のホームステイ先が良いとは限らない

 

どれもあるあるなのですが、1番上のホームステイ先が情報を知らないのはエージェントとの時差もあるので一丸には言えません。

ただ、メールやお知らせを全然見ない人もいるので、一応自分からもホームステイ先に契約後はどうするのか話しておいた方が良いです。

 

次に私自身も経験したトラブル。私は2週間延長したのですが、その際に食事込みで家賃を2週間400ドルにするという内容でした。

ただ、私の英語力の問題なのか相違の問題なのかわかりませんが、実際は食事なしの2週間で400ドルだったんです!

2週間400ドルで食事付きでなら延長しても良いわよ。
食事付きで400ドルなら良いか。

私の場合、初日で食事がないことに気づいて再度内容をすり合わせをしましたが、この時の私は英語でいっぱいいっぱいで家賃交渉なんてしてられませんでした。

今冷静に考えれば食費なしで2週間400ドルは高いし(バーナビーの辺ぴな場所だった上に、部屋は6畳くらい、1ヶ月800ドルも出せばダウンタウンに普通に住めます)、こちらが何も知らないことを良いことにぼったくられた感はありますが。

まぁ勉強になりました。

なので、ぜひこの記事を読んだ人は家賃相場や更新内容をよく確認するようにしてください!

こちらもCHECK

【ワーホリで交渉力を上げる】レント(家賃)の値下げ交渉をしてみよう!

続きを見る

 

トラブルを避けるために

私のようにならないためには、ホームステイの更新内容をしっかりと確認することが大切です。

何度も言いますが(テストに出る勢い〜)、ホームステイはビジネスです!ホストマザーは基本的に面ビジネス、中塩対応です。頭にマ・ジ・で、叩き込んでおいてください。

ここでの相違をなくすためにも下記の項目は必ずチェックして、紙に残すようにしましょう!

私もこれをやっていたらもっと状況はよかっただろうなぁ。

  • 延長期間(2週間〜1ヶ月が妥当、それ以上の更新は初回更新では避ける)
  • 料金
  • 食費は込みなのか
  • 洗濯などのユーティリティの範囲
  • 食費別の場合、冷蔵庫などの食材確保のスペース確認
  • 掃除

 

今まで優しかったホストマザーも延長する/しない、言った/言わないで関係性が悪化することもあります。そうなると状況は良くありません。

英語に不安があったりするかもしれませんが、状況確認しないことが一番良くないです。

もしも相手に都合のいいことだった場合、向こうから教えてくれることはありません。ここは頑張って確認しましょう!もしくは後から確認しなくてもいいように、上記の項目をしっかり延長時に話しましょう!

 

ぼったくられても諦めないで!被害を最小限に抑える方法。

話は戻りますが、食費別・バーナビーの辺ぴな土地のホームステイで2週間400ドルのちょっとぼったくり家賃で延長をした私。

でも根性で、なんとそこから渡した400ドルの内、200ドル回収しております( ´ ▽ ` )わー、怖い女。

 

その方法はズバリ交渉。食費が含まれていないことを知った途端、これまで弱火で探していた家探しを超強火に火力アップして探すことを決意!!

それをホストマザーに報告「頑張って1週間で部屋を探して出て行くから、そしたら残りの1週間分200ドル返金して」と言いました。

家賃相場も何もかも分からなかった当時の私ですが、ポイントは全てを回収しようとしたり、値下げ交渉をしないこと。ぼったくりの金額とはいえ一度は自分も条件を飲んで決まっていることです。

真っ当な言い分を当たり前に通すことが大切!その上で自分のマイナスを最小限に抑える提案をしましょう。

 

そんなのわからない!という人は私のように1週間での交渉がシンプルでいいと思います。

もし1ヶ月で延長した人は「2週間後に出て行くから半額返金」や、交渉時期によっては「3週間後に出て行く」など提案するといいと思います。この時、相手もビジネスだということを考えて、ホームステイ先が新しい人を迎えられる準備ができるように退去予定の5〜7日前には交渉を済ませたほうがいいです。

 

ただ、ここで紙に起こして契約内容を書いていた場合どちらかが契約内容を忘れている可能性もあるので、しっかりと一緒に確認しましょう!

もし相違があれば値段交渉すべきです!

 

ホームステイ先を離れるときに気をつけること

当たり前ですが、とにかく忘れ物に気をつけてホストファミリーに感謝の気持ちをきちんと告げること。

あまり好きでないファミリーでも最後の挨拶はしっかりしたほうがいいです!

 

なぜなら、本当に忘れ物をした時に連絡を取らなきゃいけないから!これ意外と大切です。

そこまで重要でないものであればいいのですが、時計やアクセサリーなど細々としたものを忘れてしまうこともあります。

忘れ物はないに越したことはありませんが、挨拶をしっかりして「忘れ物があったら連絡させてもらうね!」くらい言っておくと対応してもらいやすくなるのでやっておきましょう。

 

まとめ

家賃回収にしろ、家探しにしろ、今思えば「だいぶすごいことやってるな自分」と思います、笑。

ホストマザーもまさか3日後には本当に出て行く報告を聞くなんて思っていなかったでしょうね〜。だからこそ返金の話に応じてくれたのかもしれません。私の家探しの記事を見てもらったらわかると思いますが、普通頑張っても2週間くらいかかります。

ただ、被害を最小限に抑えるとはいえ、もし見つからなければ普通に2週間400ドルの家賃を払うことになっていたのであまりオススメはしません。

これは私失敗談からの「意地でもお金回収しちゃうぞ作戦」なので、延長時にしっかり下記を確認して紙に残しておきましょう!

  • 延長期間(2週間〜1ヶ月が妥当、それ以上の更新は初回更新では避ける)
  • 料金
  • 食費は込みなのか
  • 洗濯などのユーティリティの範囲
  • 食費別の場合、冷蔵庫などの食材確保のスペース確認
  • 掃除

 

以上、「ホームステイを更新する時のポイントとトラブル回避術」でした!

誤解しないでほしいのは、全員が全員のホストファミリーが私が当たったような家庭に該当するわけではありません!とてもいいホストファミリーもいるので、みなさんが自分の好きな環境で住めるように工夫して探して見てください(^ ^)

皆さんにいいお家が見つかりますように!それではまた、Ciao!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

-カナダワーキングホリデー, 準備・Visaについて

© 2021 マッパーMinamiのワーホリ・旅行記録 Powered by AFFINGER5