Diary 英語学習

【英語学習】私のワーホリ中の「総合的英語力アップ」勉強方法

みなさんこんにちは、Minamiです。

今回は私のワーホリ中の英語勉強法について。

実は私はカナダに留学・ワーホリした当初は本当にわからなくて、語学学校でも授業についていけずよく泣いているような状態でした。

そのくせ家賃の値引き交渉はチャッカリするという、ガッツだけはあった私。

今でこそある程度英語が分かるようになりましたが、そんな英語力ゼロの私が留学・ワーホリの2年間を通して身につけた英語の勉強法&オススメの勉強順を紹介します!

英語力があった方がいいですが、無くてもワーホリには行けるし、仕事もあるし、不安にあまり思わず行動してもらえると嬉しいです(^^♪

 

 

留学・ワーホリを通して英語力が伸びた、勉強&環境ポイント

結論から言うと、私が英語力が伸びたなと思う勉強ポイントは大きく4つあります。(今回は上2つを紹介)

<1> 文法の勉強
<2> リアルな英語環境にいて耳を慣らしたこと

<3> 分からなくてもとりあえず喋る、聞く、笑顔でいること
<4> 発音記号を勉強したこと

これらが最後の方は特に相互的に働いてバンクーバーを離れる時は結構英語脳になっていました。

最後に通った「Vector」という英語学校の存在も大きかったです。よければこちらの記事もどうぞ↓

こちらもCHECK

【全英語力を底上げ】英語力を上げて帰国したい!Vectorに行ってみた。

続きを見る

 

ただ、やっぱり2年で叩き上げた英語力は帰国して叩くのをやめたら直ぐに落ちました。

何よりも文法力と単語力が弱い私は帰国して受けたTOEICテストで550点でした。しかもこれリスニングでほぼ点数を稼いでいるので、ほとんどリーディング点数はありません。

 

<1>どんな英語力でもベースの文法が最も大切!

私が一番苦手な文法。渡航中も一番後回しにしていましたが、本当にもっと早く真剣に取り組めばよかったと今でも思っている部分です。

だからこそ!私の実体験から分かるのは、文法が分かっていないと英語力の伸びしろに限界がくる!ということ。

とにかく文法力をベースにして、その上にリスニングや単語力を積み上げていくことが大切。なので、日本にいようと、海外にいようととにかく英語学習の一番最初は文法力を鍛えることを最優先にしましょう!

苦手な人もいるかと思いますが、文法は限りがあるので実は勉強しやすい分野。

一回覚えてしまえば全てに応用が利くので、ぜひ私のような間違いは犯さず、真っ先に文法を頭に叩き込んでください〜!

 

私の文法勉強方法!オススメ文法学習ツール!

滞在中リスニングは雰囲気で何となく分かるようにはなったものの、自分が言いたい文章を作れないで&伝わらないで、大きな壁にぶち当たった時に出会ったのが、ワーホリ中にネットで見つけた「英語学習BOX」です。

英語学習BOX」ですが、私はこれでやっと他動詞と自動詞を明確に理解できました。(え、まじでやばい?)そのくらい文法力も英語力もなかったのですが、今はこの「英語学習BOX」の授業のおかげで文法が分かるようになりました。

個人的に少し残念なのが、とてもいい授業なのに、森先生がネイティブの考え方ではないのが注意ポイント(逆に言えば受験生やTOEICの点数を伸ばすにはすごく森先生の授業が効果的だと思う)

ただ文法に関してはとても丁寧に解説しているのでぜひ見てください!何より無料です!自分の都合のいい時、好きな時に勉強することができるので効率も良くなると思います。

私はその後、有料の「English Grammar Academy」に入り、文法の英語学習を続けています。

これからワーホリに行こうと思っている人、英語に苦手意識がある人、文法って言うけどどうやって勉強するの?と言う人はこの「英語学習BOX」を使って森先生に文法を教えてもらいましょう!有料会員になりたい場合、みなさんに紹介特典があるのでメッセージください(^ ^)

 

本当に文法力がないと自分の口からでるフレーズはいつも同じパターンになってしまいます。

英語は文法の通りに単語を並べる言語なので、単語の順序がとても重要です。それを無視しているといつまでも喋れない、ということに気づいたのでそこから文法に力を入れるようになりました。

 

私の場合は文法が苦手ですが、発音が苦手な人や、文法はわかるけど一向に喋れない人もいます。それぞれ苦手な分野は違うので少しずつ潰して行きましょう!私もまだまだなので英語頑張りますd( ̄  ̄)

 

<2>耳からの情報量だけは常に増やして、英語耳にしよう!

「英語耳」とても重要です。リスニング力をあげたいなら聞くしかない!英語を聞かずにリスニング力は絶対に、絶対に上がりません。

日本にいてもラジオを聴いたり、youtubeでお気に入りの英語学習チャンネルを見たりすることもできます。

留学やワーホリであればテレビを常につけておくのもいいと思います。私は結構これが好きでした( ´ ▽ ` )。

特にディズニーチャンネルがオススメ!ニュースだと難しすぎて入ってこないけど、ディズニーチャンネルはティーンや子供向けなので、比較的英語も簡単だし綺麗な表現しか出てこないので安心して見てられます(親みたい笑)。 

 

リスニング力を上げるには「耳コピ」が効果的だった!

私は喋れる英語力が欲しいと思っていたので、滞在中はリスニングとスピーキングに力を入れていました。

なので早くからネイティブのいる環境に入って周りの人がしているのと同じように相槌やリアクションの単語を真似していました。これをするだけでも全然違います。いきなり長文を耳コピするのは難しくても相槌やリアクションは一言で済むし、耳コピも比較的簡単です(^ ^)

この時のポイントは、どの言葉の後にその相槌やリアクションをしているかをよく見ること!

耳コピも大切ですがこのリアクション前に「何を」相手が言っているかを聞き分けることで「リスニング力」が上がったと思います。そしてそれを学校ですぐに使う!「Yeah, Nothing!」「Sounds good」「Wonderful」「So great」「ah, then?」など本当に簡単でシンプルではありますが、これをネイティブが使っているタイミングと同じタイミングで使うのも最初は難しかったです。

そしてこれを学校で使うとよかった点は、英語を一緒に学んでいるクラスメイトの話をしかっり聞こうとする姿勢が相手に伝わること。

日本語で話していても同じだと思いますが、反応がない人は一緒に話していても楽しいとは思ってもらえません。なのでとにかく英語でも同じようにしていました。

しっかり話を聞いてくれる人には、相手もよく話してくれるようになるので、まずは分からなくても英語でも聞き上手な人になることがポイント。

学校に行かない人でも職場で応用できるのでトライして見てください!

 

そして聞き上手になるとそこからまた耳コピできるきっかけが増えるのでこれをひたすら繰り返していきます。

まあ、私の場合は全然文法がなってなかったので「長文は入ってこない&分からない単語があると混乱する」ことに苦戦してリアクション程度しかできませんでしたが、私が実践したこの「耳コピリスニング+αのスピーキング」が一番リスニング力が伸びたな〜と思った勉強方法でした。

決して難しい方法ではないので、是非やってみてください(^ ^) 

自分で頑張らなくても、カフェに行って盗み聞きしてもいいし(勉強のためにね!)、それこそテレビや映画からでも勉強できるのでオススメです。

私は滞在中「フレンズ」も観ていました!

 

まとめ

人それぞれ苦手分野はあると思いますが、やっぱり学習順序と状況によって優先順位が変わってきます。

英語4技能「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」はもちろんどれも大切なのですが、ワーホリの場合は特に「リスニング」と「スピーキング」に力を入れてまずは勉強しなくてはなりません。「リーディング」と「ライティング」はここではそこまで重要ではないのでここでは後回しでOK。

その優先して身につける「リスニング」と「スピーキング」を効率よく勉強するためにはやっぱり文法。これがベースにないと本当に苦戦します!事実私は今でもかなり苦戦しているので、文法苦手な人は是非一緒に頑張りましょ( ; ; )

 

この記事ですべてまとめたかったのですが、長くなってしまったので

<3> 分からなくてもとりあえず喋る、聞く、笑顔でいること
<4> 発音記号を勉強したこと

 

この2つは次の記事で書きます〜。ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

Googleローカルガイドアカウント:M’s Featureで、オススメの場所やお店のレビューをしています。ぜひフォローもお願します(^ ^) リストアップもしているのでそちらも是非活用して役立てて頂けると幸いです!

 

 それではまた、Ciao!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

Sponsor Link

-Diary, 英語学習

© 2021 マッパーMinamiのマッピング記録 Powered by AFFINGER5