Googleローカルガイド

【読んでもらいやすい】ローカルガイドの口コミの書き方

ただ口コミを書くだけじゃダメなの??

ハロハロ、Minamiです。 🙂

 

今回は「読んでもらいやすい」口コミの書き方を紹介します。

ローカルガイドになると誰でも気軽に「口コミ」を書くことができます。

その気軽さから、忘備録としてローカルガイドのサービスを使用している人も見かけます。

ローカルガイドを始めるきっかけとしてとても良いと思う反面

SNSと同じように不特定多数が見れるので、書き方には多少注意が必要です。

 

誰でも簡単に書きこめる場所だからこそ、

少し書き方を工夫するだけでオリジナリティのある書き込みになるだけでなく

口コミとしての役割をより効果的に果たせるようになります。

 

そんなローカルガイドの「口コミ」について1年で約30万回の口コミ閲覧を記録した、

誰でもすぐに真似できる私なりの「読んでもらいやすい、影響力のある」書き方

シェアします 😉

【ローカルガイド基本】評価・口コミの投稿方法を知ろうローカルガイドの醍醐味、口コミを投稿しよう! ハロハロ、Minamiです。 🙂 ローカルガイドになって最も影響力が出るのが「口...

 

そもそも口コミとは?役割は?

クチコミとは、消費者の声。実際に商品やサービスを利用した顧客が、ネットワーク上のサイトや掲示板などを利用して情報を発信すること。

企業が発信する広告よりも、利用者側の意見はセールス効果が高く、信頼されやすい情報として取り上げられる。

クチコミは、利用ユーザーの感想を聞くことができ、いい評価や悪い評価も書かれていることもあるため、購入や使用をする前に参考にすることができる。ユーザー目線で考えた場合のメリットは多い。

また企業にとっても、悪い評価をされている場合に、サービスの改善を行うためのマーケティングデータとしても活用できる。

 

引用:https://www.synergy-marketing.co.jp/glossary/reviews/

 

素直にサービスを受けて感じたこと、

思ったことを相手に伝わりやすい文章で書くことが出来れば

口コミとして効果を発揮することができます。

 

口コミ投稿のマナー:最低条件はクリアしよう!

上記で「クチコミとは消費者の声」とあるように、

必ずその場所に行ってサービスを受けたりした上で投稿されるものです。

ですが、グーグルマップの口コミを見て衝撃を受けたものがありました。

それは「店前に行ったら入りにくい雰囲気だったから入らなかった」と口コミして、

評価を1にしていた投稿です。

入りにくい雰囲気だったことは分かります。

ですが、人の感じ方は千差万別なので、それが入りにくいとは思わない人もいます。

入りにくい雰囲気だったというのも貴重な意見ではありますが、

サービスを一切受けていないのに口コミを書くのは少しズレていると私は考えています。

 

口コミの書き方に具体的なルールはありませんが、

サービスを受けた感想を書くのが口コミです。

投稿する最低限の条件をクリアすることは

口コミの読み手やお店に対するマナーです。

 

そもそも、実際の感想でないと信憑性もないので

読まれない口コミになってしまうだけでなく、

グーグルからポリシー違反として無条件で削除されることもあります。

(お店側もそのような口コミは削除申請が可能)

 

必ずサービスを受けたうえで、評価して口コミを投稿しましょう!

 

読んでもらいやすい、影響力のある口コミの書き方

読んでもらいやすい口コミは自然と影響力も増します。

そんな口コミをたくさん書いているローカルガイドは信憑性も上がり、

影響力が出てきます。

私もまだまだ試行錯誤中ですが、できるだけ他の人の役に立ったり

お店側も改善する点が見つかりやすいようにしているつもりです。

誰も傷つけずに書くというのは本当に難しいですが、

その中で素直に自分の気持ちを書いています。

 

出来るだけ200文字以上の詳細な口コミにする

「美味しかった」「良かった」という一言だけの口コミも多々ありますが、

影響力のある口コミにしたければしっかり感想を書きましょう。

最初はそこまで書くことがないかもしれませんが、

読み手やお店のことを考えて書くと、意外と200文字は簡単です。

 

また、200文字以上書く時は「改行多め」にすることもポイント。

文字数稼ぎではなく、200文字もダラダラ書くと読みづらいので、

パッと見て分かるように多少改行はして見やすくしておきましょう。

 

評価理由を明確にする

口コミ投稿には必ず5つ星で評価を付ける必要があります。

私はこの5つ星を飲食店であれば下記の5項目に沿って計算して評価しています。

評価項目5段階評価評価内容
接客悪い
料理あまり良くない
コスパ普通
雰囲気良い
リピート大変良い

 

こうすることで、誰が見ても何がよくてどこが良くなかったのかがすぐにわかります

お店側からしても、口コミの総合評価だけでは見えてこない部分も知ることが出来て、

参考にしやすくなるんじゃないかなと思っています。

何より”目視化”することで、記事を読まなくても

>評価内容が分かることも分かりやすくて良いと思っています。

 

また、グーグルマップの口コミは全世界に自動翻訳されています。

日本語の文章だけだと、翻訳機能のミスもありますが上記のように口コミの内容を書くと

翻訳ミスも少なく誰にでも簡潔に伝えることができます。

【グーグルマップ・ローカルガイド】お店の評価をしてみようお店の5段階評価ってどうやってつければいいの? ハロハロ、Minamiです。 🙂 今回はローカルガイドになると出来...

写真を掲載する

口コミと一緒に写真も投稿しましょう!

実は口コミ、写真とバラバラに投稿することもできるのですが、

口コミと一緒に写真を載せるととても華やかになって目に留まりやすくなります。

更にできれば写真は4枚以上を載せるのがオススメ。

なぜなら、5枚目以降は口コミをクリックしないと見れないからです\(◎o◎)/!

そこまでしなくても良いですが、せっかく写真が多くあるなら

綺麗なものは載せておいても損はありません。

 

ただし、口コミの内容が良くても写真が良くないと

逆効果になることもあるので注意しましょう。

 

責任を持って発言する

読んでもらいやすい、影響力のある口コミにするためには、

はっきりと自分の意見を言うことも大切です。

良い事だけなら口コミを書きやすくても、良くないことだと伝えづらいですよね。

そこを相手に敬意を払って伝えることが出来ればとても読みやすい口コミになります。

 

実際にクレームがすごい口コミを見たことがありますが

あまりに怒り任せや殴り書きのように書いてあると、

読んでいるこっちまで気分が結構悪くなってしまいます。

読み手にもお店側にもプラスに働いている口コミを書いているとは言えません。

 

高評価を付けられない状況であっても、

相手に敬意をもって、読み手の気持ちも考えて書けば大丈夫です。

 

自分の口コミの発言に責任を持つようにしましょう!

これらは当たり前のことではありますが、SNSでの誹謗中傷と似ています。

相手が個人ではなくお店に変わっても、顔が見えなくても、

その先には人がいるということを忘れないでください。

 

まとめ

大切なことは、自分のものさしを持つことです。

人にはそれぞれの価値観があります。

もしかしたら私がオススメしても、

あなたには微妙だと感じたりすることがあるかもしれません。

それは間違いなくあなたの中にしっかりと、

あなた自身のものさしと視点があることを指しています。

そうでなければ微妙だとも、違うとも思わないはずです。

 

もちろん、その場所を訪れたタイミングの違いもあると思います。

どんな口コミが書いてあっても、お店側の対応してくれる人が違うだけで、

良くも悪くも全く印象が変わることもあるでしょう。

その際は、素直に相手に敬意を払って口コミを書けばいいと思います。

 

最後に繰り返しになりますがどんな評価でも下記には注意して投稿しましょう。

  1. 見やすく、分かりやすく
  2. 評価を明確に
  3. 写真で華やかに
  4. 自分の感想を素直に誠意をもって

とはいえ、あまり難しく考えず

楽しみながら、やってもらえると嬉しいです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が役に立った! と思ったら、ぜひいいね”シェア”お願いします 😀

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

ランキングに参加しています。ポチっとしてくれると嬉しいです。😊

ABOUT ME
Minami Naka
名香南美【ライター/マッパー(トラベラー)】 2014年から海外旅行に目覚め、カナダ・バンクーバーに2年間の留学・ワーホリを経験。 旅×ファッション×グルメを中心にライターとして情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)